雑学

今どき女子大生が幻滅する、大人の男の[許せない食べ方]

白飯、カレー、ラーメン、寿司、焼き肉……日常の食事で人は他人の食べ方のどこが、何が「許せない」のか? 時に根本的な人間評価に発展してしまうほど、譲れない大問題であったりもする「食べ方」問題を探ってみた

◆[許せない食べ方]を女子大生たちに聞いてみた!

[許せない食べ方]を女子大生たちに聞いてみた! 女子大生の料理できない姿を見て嘆くのはテレビなどでよくある演出だが、意外と彼女たちはマナーなどにはうるさい。

「年上会社員との合コンでスプーンや箸の持ち方がドラえもん持ちで引いた。エラそうな能書きを垂れられても、まったく尊敬できない」と、同世代の男以上に減点されること必至。

 箸については、持ち方だけでなく「バイト先の先輩が食事中にお箸をコップの水や味噌汁につけて“洗う”。どんどん水が濁っていき気持ち悪い」と“洗い箸”などのいわゆる「忌み箸」も女子大生に嫌われるポイント。

 また、「どんなに好きでも猫背で犬食い、とどめにヒジついて食べてたら間違いなく別れます!」と姿勢についても同様だ。

「せっかく母が作った料理に食べる前から調味料をかける父がイヤ!」と、女性が作った料理を大切にしない男もNGだ。

食事 一方、同世代女子には、「フライドポテトをシェイクにつけて食べる女友達。『許せない!』と言ったら、『「プリズン・ブレイク」でやってたよ』と返された。ここはアメリカでもプリズンでもない!」とツッコむことも。

 ただ、「親友が味噌汁にトマトを入れててドン引き。しかもドヤ顔で『イタリア風味噌汁~』って!でもガマンして飲みきった」と友情を気遣うあたりは、年上男のマナー違反よりも寛容なようだ。

イラスト/佐藤ワカナ
― [許せない食べ方]大研究【9】 ―




おすすめ記事