エンタメ

乃木坂46が晴れ着で年賀状セレモニー【フォトレポート】

 12月15日、JRタワー ホール&カンファレンスにて、「2015年用年賀状 引受開始セレモニー」が行われ、ゲストとして乃木坂46の秋元真夏、生田絵梨花、桜井玲香、白石麻衣、西野七瀬、橋本奈々未、星野みなみとお笑いコンビ・ロッチのコカンドケンタロウと中岡創一が登壇した。

乃木坂46・晴れ着で年賀状セレモニー

乃木坂46とロッチが年賀状をPR

 乃木坂46は’15年1月1日から始まるARコンテンツ「乃木坂46ぐるぐるAR年賀状」で年賀状とのコラボも決定。「ゆうびんAR」アプリを起動し、年賀状の宛名面にかざすと、乃木坂46メンバーの晴れ着姿や羊のコスプレ姿など全8パターンの正月を表現した「360°ARフォト」が見られる。また、コンテンツの特典として、乃木坂46のファーストアルバム「透明な色」に収録される未発表曲「自由の彼方」、「革命の馬」の2曲がいち早く聞けるという。

 セレモニーでは子どもたちと乃木坂メンバー7人が年賀状を一緒に投函。橋本奈々未や西野七瀬は子ども好きなのか特に楽しそうに子供と触れ合っていた。また、最新の年賀状の体験として、LINEを使った実際の年賀はがきのやり取り、写真を撮って簡単にオリジナルはがきを作れるclip年賀状にも挑戦。日本郵便がLINEと提携したことで、トーク機能を使い、年賀状の画像を送るだけでなく、もらったユーザー側がサイトに進み住所を入力すれば、実際に年賀はがきが届くというシステムが誕生した。このデモンストレーションをロッチの中岡と行った西野は、中岡からの年賀状を「とりあえず(LINEで年賀状を送る)方法はわかったので、受け取るから受け取らないかは考えます」と答え、会場の笑いを誘った。

 clip年賀状のデモンストレーションでは、生田と西野の間に中岡が入り、撮影した写真を即座にオリジナル年賀状にすることに。しかし、ふたりがなかなか中岡に近づかず、コカドが「もうちょっと近づいてくれる。仕事やから、仕事だと思って近づいてくれる。ごめんね」とメンバーの対応に泣きを入れる場面もみられた。

 セレモニー後の会見では、実際に自分たちが送る年賀状の話になり、いったんはロッチが作る年賀状を欲しいと言った乃木坂メンバーたちだったが、「だったらLINEを教えてよ」という言葉に、「じゃあマネージャーさんに」と徹底した反応を見せた。すかさず中岡が「(HKT48の)指原のLINE知ってますよ」とアピール。コカドも「大丈夫? 公式ライバルのLINEは知ってて。じゃあ私たちも、みたいに教えなくて?」と煽るも、「大丈夫です」と一蹴され、会場は失笑に包まれた。

 このまま、なかなかロッチとの距離が埋まらないのかと思いきや、来年10周年を迎えるロッチが目標として、「自分たちの番組を持ちたい」と語ると、乃木坂メンバーからは「(実現したら)行きたい」、「喜んで行きます」と反応。「では実現したら、第一回目(のゲスト)はぜひ」というコカドの言葉に、秋元は「毎回行きますよ」とアピールしてみせた。

乃木坂46

終止グイグイとアピールをする秋元

 最後には、「来年は紅白出場をひとつの目標として走って行きたい」と決意を新たにした乃木坂46のメンバーたち。年賀状のPRを通して、年末年始の顔として来年こそは紅白出場を叶えるか、楽しみにしたい。

※乃木坂46メンバーの晴れ着姿は日刊SPA!で公開中

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=766141

<取材・文・撮影/日刊SPA!編集部>




おすすめ記事