デジタル

新ジャンル続々「キッチン家電」の秘密はモーターにアリ

消費増税前の買い替え需要などで、’14年は“白物家電”にとって好調な1年となった。進化した製品を振り返りつつ、次なるトレンドを生活家電のプロに聞いた

◆新ジャンル続々登場!秘密はモーターにアリ<キッチン家電>

「ノンフライヤー、ヌードルメーカーなど、フィリップスから新ジャンル製品が登場しています。ほか、ミキサーなどキッチン家電全体で新ジャンル製品が生まれている背景には、モーターの進化によるところが大きいです。ゆっくりと回転してトルクも大きいDCモーターの進化によって、繊維を壊さずジュースを作ったり、生地をこねて押し出すなどが可能となりました。今後も、料理を趣味とする人向けに、モーターまわりを工夫、進化させた新しいアイデア商品が登場しそうです」(価格.COMの鎌田剛氏)

●ヌードルメーカー HR2365(フィリップス)

フィリップス ヌードルメーカー HR2365

フィリップス ヌードルメーカー HR2365

様々な形状の製麺キャップを使い、うどん、そば、ラーメン、パスタなどの生麺が自宅で約10分で簡単にできる新ジャンルのキッチン家電。ペンネや餃子の皮、麺に食材を加えたオリジナル麺も作ることができる

●マスターカット YE-MM41(山本電気)

山本電気 マスターカットYE-MM41

山本電気 マスターカットYE-MM41

DCモーターによる静音性と、1台7役の多機能性が人気。きざむ、する、まぜる、くだく、あわだてる、こねる、おろすが可能。回転数は、低速800回転から、高速3000回転まで無段階で調整可能なため、幅広い素材に対応

【鎌田剛氏】
カカクコム常務執行役員。パソコン雑誌の編集者を経て同社へ入社。家電総合アドバイザー有資格者でメディアにも多数出演

― 知られざる進化と革新に注目!生活家電トレンド【2】 ―

マスターカット YE-MM41

日本の多彩な調理技法がこの1台で実現。安心の日本製。




おすすめ記事