表は良妻アピール、裏では不倫日記を公開する人妻

ツイッター、ミクシィなど、さまざまなSNSで日々の出来事をつぶやく……といっても、会社の同僚などと繋がっていると、気を使ってしまうもの。そこでホンネを吐露するための別アカウント=「裏アカウント」を取得する人もいるよう。女子会での「ガールズトーク」がオソろしいとはよく聞くが、コイバナから上司の悪口まで、ネットでもやはり、男より女のホンネがオソろしいようで……裏アカで爆発する[女のホンネ]を集めた!

【浮気し放題編】
◆表は映画宣伝+良妻をアピール、裏では赤裸々な不倫日記

太田ルイさん(仮名.31歳) 映画宣伝

「彼への思いも、夫への思いやりも本当」と、ホンネすら分裂気味になりつつあるルイさん

フリーで映画の宣伝の仕事をしているルイさんにとって、ツイッターは宣伝ツールのひとつ。もちろん本名で登録して、映画の宣伝の合間に、その日の食事や、夫とのデートの様子などをつぶやく。

「一度、『夫婦喧嘩なう』みたいなことをつぶやいたんですが、クライアントから文句が来ちゃって。宣伝にも使っているアカウントなのに、ネガティブなことを書き込むなと。それ以降は、円満な夫婦仲をアピールするような書き込みばかりです」

そんなルイさんが裏アカウントを持つようになったのは、不倫の恋が始まったとき。

「表アカウントではもちろん不倫していることなんてつぶやけない。でも、気持ちが煮詰まっちゃったときに、どうしても言葉にして整理したくなるんです。それに、日記帳に書いたり、自分のPCや携帯に書き込んだりするよりも、ロックさえかけてしまえばクラウドにアップするほうが安全でしょ?」

危機管理もバッチリの裏アカウントでは、「結婚したのに、心は独身モード」「カレのこと、ホテルに拉致りたい! むんむん!」「排卵日間近。朝からエロエロ脳!」「髪の毛ぐしゃぐしゃにして、唇しか見えなくて、そのままキスしてくる顔かっこよかった」と、不倫相手への思いを存分にぶちまけるルイさん。

一方、表アカウントでは「やっとランチの準備終了。今日は旦那様の好きなオムライス♪」と大事にされている体の旦那だが、裏アカウントでは「寝ている夫の手を握ってみた。握り心地が悪い」「明日は夫がゴルフだから彼とデートしよう」「頭が痙攣してきた。夫の帰宅が近い。時計より正確」と散々な言われよう! さすがに旦那が気の毒になってくるが……。

「裏アカウントは、夫への不満を本人にぶつけないための発散の場でもあるんですよ。ホンネを発散することで、夫に優しく接することができるんだから、気の毒というより思いやりですよ」

「夫に優しく接したい」というのも、これまたホンネということなのだろうか。女の胸中は何とも複雑なようで……。

表では夫に感謝しながらも、実は「持ってきた水がたばこ臭い」のが不満だったそう

― (裏)アカウントで女のホンネが大暴走【2】 ―




おすすめ記事