雑学

「最もラクに慶應大学に入れる方法」に富裕層が注目

◆海外経由でラクに慶應へ!! 富裕層の新たな“抜け道”

ニューヨーク「最もラクに慶應大学に入れる方法」として、富裕層の間で注目を浴びているのが、慶應大学の海外付属高校、慶應ニューヨーク(NY)学院だ。寮費などを含む年間授業料は初年度で約550万円。NY学院に息子を通わせている会社経営者のL氏はこう語る。

「親の渡航費や息子の帰省費用、生活費などを入れると、800万円はかかります。でも、ウチの息子は偏差値50そこそこで、中堅大学の付属高校でも厳しい。AOで突破できるようなアピール力はないし、評定平均も平凡で指定校推薦も無理。確かに授業料が高いとは思いますが、今のうちに“投資”しておいて、生涯賃金で回収してもらえればいいかなと」

 それだけの授業料を払えるという前提条件での争いなので、偏差値も倍率も下がる。海外付属校に進学する生徒の受験指導を行う塾講師のMさんはこう説明する。

「例えば同じ付属の慶應義塾高校は偏差値70以上、倍率は4倍ほどの超難関です。対してNY学院の偏差値は不明ですが55~60くらいだと思われ、倍率は1倍台前半から2倍です。最大の魅力は100%が慶応大学に進学できるということ。早稲田大学や立教大学の海外付属校もありますが、全生徒が大学に行けるわけではありません。高額な授業料が払えるなら、NY学院が一番オススメです」

― 大学が[AO入試]で狂っている! ―




おすすめ記事