恋愛・結婚

【日帰りOKの混浴温泉スポット】重要なのは若い女性の来湯率

週末は家から一歩も出ずに終わってしまうような、ものぐさな読者諸兄のために、厳選の遊び方プランをご紹介。今回は「混浴温泉」の楽しみ方だ。

混浴温泉◆湯治で疲れた体を癒し艶めかしい女体で目の保養

 “スイカップ”こと古瀬絵里が爆乳を揺らすネット動画『美酒と温泉』は名作と名高いが、そんな桃源郷のような光景がリアルに広がるのが混浴温泉。女体との“未知との遭遇”を探求し続けて12年の混浴マニアK平氏は語る。

「ノープランでは地元の高齢者に囲まれるのが関の山。重要なのは若い女性の来湯率で、温泉地自体が美容や入りやすさなど女性の集客に熱心なことがポイントです」

 その一環として、人気の混浴には水着やバスタオルの着用可が多いが、失望する必要はないという。

「着衣でも想像以上の艶めかしさがありますし、中には“全裸がモットー”という変態も。いかにさりげなく女体を見るかの攻防戦は、源泉以上に白熱必至ですよ!」

混浴温泉

湯船につかる瞬間と出る瞬間にさりげなく目線を移すのが匠の技

<日帰りOKの混浴スポット>

●尻焼温泉(群馬県)
川を堰き止めた巨大露天風呂。水着着用可が難点だが、だからこそ女性人気が高い

●龍神温泉(和歌山県)
日本3大美人湯の一つ。川沿いに混浴温泉があり、美人に絶景にと目の保養に事欠かない

●湯原温泉(岡山県)
露天風呂番付で「西の横綱」を獲得した名湯。「美人の湯」「子宝の湯」など種類も豊富

●鹿教湯温泉(長野県)
真田幸村のお膝元・上田市といえば、来年の大河ドラマ『真田丸』。歴女人気に期待したい

●辰口温泉(石川県)
バスタオル着用ながら6つも露天風呂があるので、混浴初心者にオススメの手軽さがある

―[男の欲望(裏)情報]―





おすすめ記事