恋愛・結婚

「全裸混浴サウナ」に行ってみた。これが“当たり前”の国もある

 日本には全国各地に温泉をはじめ、銭湯やスーパー銭湯などの公衆浴場があるように、ヨーロッパでも北欧やドイツなどの国々にはサウナが街のあちこちにある。しかも、なかには“全裸で混浴”のサウナも珍しくないのだ。
THERME ERDING

筆者が行ったところではないが、ドイツ最大規模のサウナリゾート「THERME ERDING」。実際には全裸だ。複数のサウナ、プール、ホテルもある(C)Robert Kneschke

混浴&全裸が当たり前のドイツサウナ

 実は、以前からドイツに駐在する日本人ビジネスマンの間では広く知られていた。なぜなら全裸混浴はドイツに多く見られるサウナのスタイルだったからだ。  ただし、誤解しないでほしいのだが、これはいわゆる風俗的ないかがわしい施設ではない。街中や郊外にあったり、中級~高級ホテルの一部はサウナを併設している(※余談だかFKKと呼ばれるドイツの風俗店の多くにはサウナが完備されている)。
デュッセルドルフ①

ドイツ・デュッセルドルフ

デュッセルドルフ②

ドイツ・デュッセルドルフ

 実は、以前ドイツを訪れた際、現地駐在員の知人の案内でデュッセルドルフの某サウナに行ったことがある。利用料は25ユーロ(約3120円)とやや高かったが、市内を一望できるホテルの上層階にあり、しかもプール付き。泳ぐ場合は水着着用だが、サウナは全裸での利用だった。  一般的なフィンランド式の高温サウナと低温のスチームサウナの2種類があり、設備自体は日本で見かけるものと大差なかった。ただし、夕方に訪れたせいか仕事終わりの男女で結構な混雑ぶり。高温サウナのほうに入ると20~30代と思われる女性が4人いて、いずれも真っ裸。バスタオルで隠してすらいなかったことに面食らったが、恥ずかしがっている感じは微塵もなく、そのせいもあっていやらしさは感じなかった。  ちなみにその施設は、日本人駐在員が多い街ということもあり、日本人ビジネスマンにも人気。何人かに話を聞いたが、週1回は通っているという40代の男性は、「正直、目の保養になります。でも、ここに来る日本人男性の多くはそれが目当てのはず(笑)」と本音を明かしていた。  日本の混浴露天風呂には、女性の裸目当てに長湯するワニ族と呼ばれる男性客のがいるが、どうやら遠く離れたドイツにもワニ族が生息しているようだ。  ドイツ国内の主要都市には、こうしたホテル併設型の混浴サウナが多い。そのため、出張の際はあえてそういったホテルを予約し、現地での密かな楽しみとしている日本人ビジネスマンも多いそうだ。
次のページ 
フィンランド人も混浴サウナで裸は恥ずかしい?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事