雑学

池袋から片道90分1500円 秋の日帰り旅行に秩父がおトクな理由

 いよいよ秋も本番。天気が良く涼しい日はどこかに出かけたくなる。

「夏休みはどこも混んでいて旅行どころではなかった」「そもそも忙しくて夏休みなんてなかった」というビジネスマンも多かったのでは?

 なんとか取り返したいと思いながらも大きな休みはとれず、都内から遠出するわけにもいかない。絶景もグルメも温泉も堪能できる日帰りスポットはどこなのか……。

 昨年の秋、筆者が心身のリフレッシュを求めて訪れたのが“秩父”だ。池袋から特急に乗り90分で行くことができるうえ、夏ほど混雑しないことからこの時季の密かな穴場として注目を集めているらしい。

 そこで、秩父の魅力を発信するローカルWebメディア『ちちぶる』編集長のあざみっくすさんこと浅見ゆたかさんに、秋だからこそさらに楽しめる秩父のおすすめスポットを教えてもらった。

秩父

定番だけど、やっぱり紅葉が見たい!


 秩父観光で定番になっているのが“長瀞ラインくだり”。秩父を流れる荒川をゆったりと船でくだることができる。船頭さんのガイドを楽しみながら豊かな大自然を感じられ、老若男女問わず昔から人気だ。

「10月下旬から11月中旬にかけて、長瀞ラインくだりが紅葉を迎えます。テレビなどでも取り上げられる定番スポットです」(浅見さん)

 紅葉シーズンには、真っ赤に色づいた景色に囲まれながら川くだりを楽しめる。人気の定番スポットだが、秋に訪れるのなら1度は絶景を堪能しておきたい。

秩父

ライン下りのスタート地点。紅葉シーズンには色とりどりに染まる。手前は天然記念物に指定されている“岩畳”(筆者撮影)

・長瀞ラインくだり
受付・案内所:秩父鉄道 長瀞駅前すぐ

「また、横瀬町にある西善寺は樹齢600年以上のコミネモミジの木が見どころです」(浅見さん)

 歴史を感じながら大迫力の紅葉を楽しむことができるパワースポットだ。こちらも併せて訪れてみてほしい。

・西善寺
住所:埼玉県秩父郡横瀬町横瀬598
アクセス:西武秩父駅からタクシーで約13分 横瀬駅から徒歩約25分

秋は雲海の発生率が上昇! 壮大な景色が目の前に


「秋は雲海の発生率が上昇します。ぜひこの機会に見ていただければ」(浅見さん)

 秩父では、雲海が広がる超絶景を見ることもできる。雲海といえば北海道や富士山をイメージする人も多いと思うが、秩父は関東で雲海を見られる隠れスポットなのだ。ねらい目は“前日に雨が降った、風の少ない晴れの日”。明け方から早朝に発生するためかなりの早起きが必要だが、壮大な景色に目を奪われること間違いなし。雲海を見られるのは、「美の山公園」「秩父ミューズパーク展望台」「三峯神社」だ。

秩父

(写真提供:ちちぶる 撮影者:田中健太)

・美の山公園
住所:埼玉県秩父郡皆野町皆野
アクセス:秩父鉄道 皆野駅からタクシーで約20分

・秩父ミューズパーク展望台
住所:埼玉県秩父市久那637-2
アクセス:西武秩父駅からタクシーで約20分

・三峯神社
住所:埼玉県秩父市三峯298−1
アクセス:西武秩父駅より車で約1時間

次のページ 
人気店のかき氷を並ばずに食べられる

1
2




おすすめ記事