雑学

浜崎あゆみを目指し整形、「1億を稼ぐ女」に大変身したキャバ嬢

かつての否定的なイメージとは裏腹にカジュアルになる美容整形。技術向上などもあり、より安心・安全なものとして女性に受け入れられている。しかし、一方で不満の声も根強い。整形をした女たちは今、何を思うのか?

◆あゆを目指し1億を稼ぐ女に大変身!?

 女性が整形したい理由の一つに憧れの存在に近付きたいという思いがある。「16歳のときに、初めてあゆをテレビで見て衝撃を受けたんです!」と話すのは、モデルの一条ありさだ。それから、浜崎あゆみ似を目指した整形が始まった。

「最初に整形したのは高校生のときに、埋没法で二重手術をしました。自分では化粧の時間は減ったんですが、ギャルで化粧も濃かったから誰にも気づかれなかったです(笑)。その頃から雑誌に出るようになって、顔を日々変えていきたいという願望が強くなりました」

 高校卒業後に新宿のキャバ嬢となり、次に着手したのがヒアルロン酸の整形だ。

一条ありさ(美人茶屋)

モデルの一条ありさ ※「美人茶屋」HPより

「目に涙袋ができて、鼻筋も通って嬉しかったんです。でも、ヒアルロン酸だから徐々に体内に吸収されていく。鼻が低くなるのがイヤで、どんどん打っていました。そうしたら、22歳のときに男友達から『お前の鼻、アバターになってるぞ』って(笑)。そのときに初めて自分で気づいたんです」

 実際にメスを入れ、あゆ化が加速したのは夜キャバへ転向した24歳の頃からだ。

「昼と比べて、夜は客層が違う。さらに歌舞伎町だと、肌が白くて金髪のあゆみたいなコが売れるんです。その頃、月500万円ぐらい稼いでいたので、怖いモノなしというか、あゆの写真を抱えて病院に通いました。すると整形するたびにネタにもなるし、集客にも繋がって何も損がなかった。27歳までに300万円の整形投資で、1億円は稼いだと思いますね(笑)」

 そんな彼女だったが、30歳を目前にあゆ化ではなくナチュラル顔へと美意識が変化してきたという。

「昔の変身願望はなくなって、今はアンチエイジングの整形をしているんですよ。整形代を稼がないといけないから、まだキャバ嬢は辞められないですけど、美魔女を目指して頑張っていきたいですね」

 新たな目標に向かって、進化を続ける彼女は充実感に溢れていた。

【一条ありさ氏】
’85年、北海道出身。モデルとしてキャバ嬢に絶大な人気を誇る雑誌『小悪魔ageha』などで活躍中。また現在は、六本木のキャバクラ「美人茶屋」に在籍している

― [整形した女たち]のその後 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事