30代以上のオシャレには「アスレジャー」を取り入れるべき【ファッションバイヤーのオススメ3選】

メンズファッションバイヤーのMB氏

メンズファッションバイヤーのMB氏。「『オシャレに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第63回目をよろしくお願いします。

 2016年、「アスレジャー」が加速してきました。「アスレジャー」とはトレーニングウェアやスポーツウェアなどを日常着として使う流行のことです。最近、裾がゴムになったパンツや、ジャージパンツ、スニーカー、パーカーなどをよく街中で見かけたりしませんか? レディースが先行して流行りはじめたスタイルですが、今年はメンズにも幅広く影響を与えていて、老若男女を問わず「アスレジャー」がブームになっているのです。

 ユニクロのラインナップでもそれは顕著で、足首周りにゴムを入れたトレーニングウェア、ジャージパンツのようなデザインが圧倒的に増えています。今はコートなどを着ているのでさほど目立ちませんが、温かくなるにつれてどんどん「アスレジャー」を感じるようになるでしょう。

 そもそもトレーニングウェアは、トレーニングのためにつくられたものなので、風の抵抗を受けるようなリラックスシルエットは少なく、体に沿ったキレイなシルエットを描くもの。また、デザインもロゴを入れるくらいでシンプルなものが多く、華美な装飾がないので……よくよく考えてみれば、「大人カジュアル」なスタイルに打ってつけなのです。

 今回はそんな「アスレジャー」トレンドにおけるオススメを3点挙げてみました。30代以上の男性でも簡単に流行を取り入れることが可能です。

オススメ3位 「アディダス スタンスミス」

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1054077

「アディダススタンスミス」

http://www.abc-mart.net/shop/e/e1000725/

 トレーニングウェアを日常に、と言われれば誰もがスニーカーを思いつくでしょう。去年の春も例年にみないほどの「スニーカーブーム」でしたが、今年も「アスレジャー」の後押しもあって流れは継続しそう。そんななか、30代以上の大人にオススメなのがスタンスミスです。

 スニーカーといえば、裏原宿ブームのことを思い出して、カラフルな切り替えや未来志向なデザインを連想する人も少なくないと思います。確かに去年のスニーカーブームでも「エアマックス」の復刻や「リーボック・ポンプフューリー」などのカラフルで目立つ「THE・スニーカー」なアイテムが数多く流通していました。それらも魅力的ですが、妻子のいる男性諸氏にとっては「昔履いたものをもう一回使ってるみたい」といった抵抗感もあるはずです。そこでスタンスミスなのです。

 スタンスミスはもともと出自がテニス。派手なデザインを好むバスケットシューズとは異なり、ポロシャツと合わせるシンプルで大人なデザインが多い。スタンスミスもアディダス特有の三本線が省略され(パンチングで表現されていますが)、ごくごくシンプルなつくりになっています。色の切り替えもなく子供っぽさは皆無。クリーンなオールホワイトで表現された大人な印象です。

 服や靴は色数が多いほど、デザインが多いほどカジュアルで子供っぽい印象になります。スタンスミスはこれ以上ないほどシンプルに徹したデザイン。大人がアスレジャーを取り入れるには最適なのです。

オススメ2位 「ナイキ コーチジャケット」

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1054078

「ナイキコーチジャケット」

http://store.nike.com/jp/ja_jp/pd/ナイキ-sb-コーチ-メンズジャケット/pid-10737903/pgid-11188469?cp=jpns_kw_140601_pla

 ナイキやアディダスはスニーカーだけでなく、アパレルウェアもラインナップしています。「スポーツブランドが作る服? “しまむら”とかに置いてあるダサいイメージしかないんだけど……」と思うかもしれません。しかし、ここで紹介しているものは「しまむら」には入荷しませんのでご安心を。

 世界的なブランドであるナイキやアディダスはブランディングを明確に考えてライン分けしています。「しまむら」など量販向けの格安ラインと、「ユナイテッドアローズ」などに卸す高感度ショップ向けはまったく異なる商品開発を行っているのです。

 そういった高感度ショップ向けのラインはきちんと「おしゃれな人が手にとって着てくれる」ようにデザインを徹底的に洗練させています。おしゃれな人をインフルエンサーとしてブランドイメージを向上させようとする狙いがあるわけです。

 しかもそういったアイテムは世界規模の最適化された生産背景でつくるわけですから、他のいわゆるアパレルブランドと比べてもデザインも品質も見劣りしないばかりか、格安というメリットがあります。実はいいとこ取りのラインなのです(その代わり商品点数は少なめです)。

 こちら、野球の監督が着用しているイメージが強いコーチジャケットですが、ナイキの手にかかれば、コンパクトで細身シルエットになります。デザインもごくごくシンプルで大人っぽい印象。なおかつさすがはスポーツブランド、高機能素材を使って耐水性なども確保しています。

オススメ1位 「ナイキ テックフリース」

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1054079

「ナイキテックフリース」

http://store.nike.com/jp/ja_jp/pd/ナイキ-テック-フリース-パンツ/pid-1506376/pgid-10311425

 去年から今年にかけてナイキの高感度ラインのなかでも爆発的な人気を博している「テックフリース」シリーズ。無地スウェットパンツがとくに好評でしたが、カモフラ柄や今年の新作ではニット素材などもリリースしていて、人気継続中。

 私もカモ柄は、地味な秋冬スタイルを緩和するのによく愛用しています。

「秋冬はカモ柄がアクセントに」

「秋冬はカモ柄がアクセントに」

 裾がキュッと細くなったリブパンツのスタイル。パンツの印象は裾周りで決まります。広がっていればブーツカット、細くなっていればスキニー、まっすぐならストレート……など裾の始末次第でシルエットの名前も変わるくらい大きく印象を左右するポイントです。

 リブパンツの優れたところは裾をキュッと細く見せてくれること。そうすることで脚の最も細い部位である「足首」を強調し、本来の脚の形以上にキレイに細身に見せてくれるのです。

 また、スウェット素材でウエストもゴムが入ったイージー仕様。中年太りしたおじさまも愛用できます。

 私は34歳、本連載の編集担当は40歳ですが、二人揃ってこのテックフリース超愛用しています。「スポーツウェア」と言われると若いイメージもあるかもしれませんが、体型に難が出てきたオジサマこそ手にとってほしいアイテムなのです。

 この春注目の「アスレジャー」トレンド。ぜひナイキ、アディダスなど手頃なメジャースポーツブランドを活用して、オシャレに着こなしてみてはいかがでしょうか。 <文/MB>

【MB】
メンズファッション専門のバイヤー(@MBKnowerMag)。年間数十のブランドの展示会に足を運び、買いつけを行う。子供の頃から“狂うほど”洋服が好きで、ファッション業界に知悉している。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法(www.neqwsnet-japan.info)」が話題に。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法(www.mag2.com/m/0001622754.html)」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し即完が続出。「まぐまぐ大賞2014年【有料部門】ライフ」にて大賞受賞。ニコニコ動画ではブロマガと生放送「MBチャンネル」もスタート。女子SPA!でも「レディースファッション」に関するコラムを連載開始。ファッション誌では読めない歯に衣着せぬ言説が注目されている。自身のブランド「MB」にてスキニーパンツを発売したところ、5分で完売! 初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』が発売中

最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中