女子プロ野球・中野菜摘、男顔負けのフルスイングで目指せ!トリプルスリー

~もぎたて!女子アスリート最前線 第14回~

 異彩を放つプレーヤーがセカンドにいた。派手なアニマル柄のグローブ、打席ではアニマル柄のエルボーガード。埼玉アストライア所属切り込み隊長中野菜摘選手だ。

女子プロ野球・中野菜摘

なかの・なつみ

 父親は地元のリトルリーグでは有名な熱血監督で彼女はその英才教育を受け小さな頃から野球の道に進むのだが、リトルに入ってまだ野球の試合に馴れてなかったころ、途中出場で守備につき、飛んできた高いバウンドのボールを逆シングルでキャッチしアウトにしたときの感触が「今でも忘れない」と、これがきっかけで野球の面白さを知るようになった。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1085761[野球少女時代の秘蔵写真]

 中学に入る頃、ソフトボール部も考えたがクラブが無く困っていたとき、「硬式野球久留米ボーイズ」監督が父の知人ということもあり声をかけてくれた。チームに女子はいない環境で争っていくことは容易なことではなかった。というのも、思春期に入り男女関係が一番難しいときで、キャッチボールをするのでさえ女子ということを意識していた男子勢は避けるという始末。結果、3年になるまで仲間に入れてもらえなかった。しかし、その状況下で、実力でレギュラーを獲ってしまうのだから、”男の面子丸潰れ”みたいなところにも拍車をかけてしまった。

「いま考えれば一番辛い時期だった」と一言。体力差を補うための考えとしては、細やかなグラブさばきと打撃で参考にしたのはメジャーリーガ―のバリー・ボンズ。スイングをみたときに「パワーも凄いけどスイングが柱がブレてなくて!」と参考にして取り組んだ。

次ページ高校進学のとき、父の一声で…

この特集の記事一覧

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中