スポーツ

トライアスロン・佐藤優香、リオ五輪“最後の切符”をかけた挑戦

~もぎたて!女子アスリート最前線 第11回~

 水泳、自転車ロードレース、長距離走(スイム、バイク、ラン)の三種の競技を行うトライアスロン。世界で最も過酷な競技ともいわれるが、オリンピック競技はスイム1.5km、バイク40km、ラン10kmの合計51.5kmで争われる。2014年第20回日本トライアスロン選手権を優勝した佐藤優香選手の経歴を追っていこう。

トライアスロン・佐藤優香 リオ五輪、最後の切符をかけた挑戦

さとう・ゆか

 母の一存でこの競技に入った佐藤は、いきなり小学3年の時に出場した千葉県富里市のキッズトライアスロンで優勝。そこから母との二人三脚の練習が始まる。週末の土日は、母の監視のもと練習するが厳しく、中学生になると反抗するときもあった。見えないところを走っているときにショートカットをし、そのあと家に入れてもらえなかったこともあったそうで「誰のための練習なのか」と悩んだそうだ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1043081(練習風景より)

トライアスロン・佐藤優香 リオ五輪、最後の切符をかけた挑戦 中学1年の春に千葉での認定記録会で現在所属のチームケンズの飯島監督の目に留まり、高校からは監督の下で指導を受ける。中学3年の時に成績も良くなく、進路に悩んだときに父の後押しもあり、この競技でこれからも続けていくことを決意する。高校に入るころから環境も変わり、「競技の楽しさも改めて感じた」と語る佐藤。2010年シンガポールで行われたユースオリンピックでは、スタート前に自転車のパーツが壊れたりと、始まる前は逆風ではあったが、レースでは自分の目の前で起きた落車をうまくかわすことができるという運もあり、金メダルを獲得する。

トライアスロン・佐藤優香 リオ五輪、最後の切符をかけた挑戦 去年は成績自体は安定してなくて、目標であったリオ五輪の権利も獲得できなかったが、ワールドカップトンヨン大会での優勝で、自分の中では「着実に力はついてきた」と感じている。今年の3月5日に開幕するITU世界トライアスロンシリーズ・アブダビ大会はリオデジャネイロオリンピック代表選考会を兼ねたレースで初戦から重要な大会になる。調子の良し悪しは「ランに入るまでにどれだけアドバンテージをもっているかが勝負のわかれめになる」とのことでここでいい成績を出してリオの切符を手に入れたいところだ。

 今年の目標は「当然リオに出場しメダルに絡むことです」と笑顔で語ってくれた。

トライアスロン・佐藤優香 リオ五輪、最後の切符をかけた挑戦

佐藤優香選手への一問一答


――最近話題のルーティーンについては?

佐藤:試合の当日にカレー(できれば監督の作った)を食べることと、試合で名前をコールされたときにゆっくりと深呼吸をすることです。

――オフの過ごし方は?

佐藤:ピアノを弾くことでリラックスできます。2時間ぐらいは気が付けば弾いていることもあり、「花の歌」なら見ないでも大丈夫です。

――好きなアーティストは?

佐藤:三代目 J Soul Brothers。とくにボーカルの今市隆二さんのファンでよく歌を聴いています。お会いできたら嬉しいですね。

――好きな食べ物は?

佐藤:肉です。特にハンバーグととんかつが好きなのですが、脂肪分が多いので普段は食べないので試合後などに食べる程度です。

トライアスロン・佐藤優香 リオ五輪、最後の切符をかけた挑戦<取材・文・撮影/丸山剛史>




おすすめ記事