はじめての水樹奈々@東京ドーム「ライブハウスのような一体感に感動」

水樹奈々  水樹奈々が12月3、4日、自身初の東京ドーム公演『LIVE CASTLE 2011』を行い、2日間で8万人を動員した。「QUEEN’S NIGHT」(3日)、「KING’S NIGHT」(4日)というそれぞれのコンサートコンセプトにちなんだ華美な衣装に身を包んだオープニング、気球での会場一周、ショートムービーから飛び出した羽根が生えたライオンに乗っての登場……。存在感のある舞台装置にユーモアを交えた演出、みどころを挙げればきりがないステージだっただが、水樹奈々ライブ初体験の記者がもっとも印象に残ったのは、彼女と会場に詰め掛けたファンの一体感だった。

⇒ 【拡大画像】 ライブフォトレポート
http://nikkan-spa.jp/110931/K-63

  1997年のデビュー以来、「魔法少女リリカルなのは」、「ハートキャッチプリキュア!」など多くの作品に起用される人気声優。そして歌手としても「深愛」、「PHANTOM MINDS」など多くのヒット曲をリリース、NHK紅白歌合戦にも3年連続出演が決定した水樹。今回の東京ドームでの公演は、自身のみならず声優としても初。これまでにも紅白出場や西武ドーム公演、オリコン・ウィークリーチャート1位獲得など声優界のトップランナーとして樹立してきた偉業に新たにひとつ金字塔が加わった。

 抜群の声量に伸びやかなビブラート、印象的な裏声、その歌唱力、すでに高い評価を得ている。ただし、一身で会場をアジテートする様子がライブならではのもの。小柄な体躯からは想像もできないその堂々とした歌声は聴く者の感情を高ぶらせ、ファンは曲調にあわせたカラーのサイリウムを突き上げ、それに応える。一転、多少の拙さを感じさせるMC時には、温かい空気に包まれる。今回のライブの様子に密着したドキュメンタリー番組が、NHKで彼女の誕生日である2012年1月21日にOAされることが本人から発表されると会場からは大きな拍手、「NHKサマ、ありがとう!」との絶叫も。

 Wアンコール後には会場のファンに向けて、専用のバズーカ砲でプレゼントを配布。その最中、BGMとして「SUPER GENERATION」が流れるとファンによる大合唱が自然発生。すべてのプレゼントを打ち込み終えた水樹が、4時間近い時間をともにした観客への感謝の気持ちを込め一緒に歌い始めたとき、会場の一体感が最高潮に達したように感じられた。

 ライブのシメの恒例だという、「これからも水樹奈々に~」との彼女の問いかけに「かかってこ~い!」と会場が応えるやりとりののち、最後まで名残惜しそうに手を振りながら舞台中央の“城”のなかへと姿を消し、すべてのプログラムが終了。4万人のファンが詰め掛けているはずの東京ドームでのステージだったが、まるで数百人規模のライブハウスでのアーティストと観客との距離感の見ているようだった。

 余談だが、ライブ以降、記者の頭のなかでは今回の公演で披露された曲が流れ続け、街中やウェブサイトで「水樹」という名を目にするとつい気になってしまう日々が続いている。どうやらすっかりハマってしまったようだ。

●2日間のセットリストはこちら⇒http://nikkan-spa.jp/111872

取材・文/江口裕人 写真/寺坂Johney!

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中