美しすぎるニューハーフAV嬢が半生を告白【画像あり】

月野姫

月野姫さん/‘85年生まれ。大阪府出身。出演作は30本以上。現在は「元祖ニューハーフクラブ」(東京・鴬谷)に所属

デビュー作(’06年)が出荷累計9000本以上という大ヒットを記録し、ニューハーフAVというジャンルを築き上げた月野姫さん。彼女によって業界には“第3 次”ブームが到来したというが、自身は当時を「20代前半で突っ走りすぎました」と振り返る。

私がデビューした頃は同業の若いコが全然いなくて、タイミングも良かったんだと思います。AVが売れて、(当時働いていた風俗の)お店にもお客さんが殺到して、ものすごく忙しかった。今はいろんなジャンルのニューハーフAVが出てますよね。認知度は上がっていると思うけど、まだまだ私を超えるようなスゴイ女優さんは出ていないんじゃないかな(笑)

そもそも彼女がニューハーフになったきっかけは、「堂々と外を歩きたかった」からだという。

10代の頃に付き合っていた彼氏と、街中で手を繋いで堂々としていたかったんです。当時は今みたいにニューハーフがテレビで取り上げられることも少なかったですし、そういうことにすごく憧れてた。それで、カミングアウトして『やるからには突っ走ろう』と。私、中途半端なことがすごくキライなんですよ


◆女装男子は認めたくない

月野姫そんな一本気な彼女だからこそ、最近の女装男子に対しては「中途半端だ」と苦言を呈す。

私は男が好きで、身も心も頑張って女に近付こうと、何百万円もかけて、痛くて苦しい思いをしてきた。女性ホルモンを打てば気分も下がるし、なかには心を病んで自殺までしちゃった友達もいます。なのに、一般の人たちからは、『どっちも同じでしょ?』って、一緒にされるんです。『女装男子=ニューハーフ』って思われるのは、すごく悲しい。 “女装しているだけ”の人とニューハーフは、ちゃんと分けてほしいんです

そんな辛さも乗り越えて手に入れた、彼女の美しさ。クラブに行けば「常に男がナンパ待ちしていた」という逸話を持つほどだ。

次々に声をかけられるんで、飽きちゃいました(笑)。でも、今の彼氏とはクラブで出会ったんです。超ノロケ話なんですけど、今の彼と出会えてかなり性格が変わったと言われます。昔は『私なら1人でも生きていける』って尖っていたんですけど、今は『このまま月野姫を一生背負って生きていけるのかな?』っていう不安があるんです。だから、いつかは性転換をして戸籍も変えて、月野姫を忘れることが私の最終目標です

その思いは、「月野姫」の源氏名にも込められているという。

姫っていう名前は、初めて風俗で働いたときにお店のママにつけてもらったもの。AVに出るときに『月ぐらい高い位置にいけるように頑張りなさい』という意味で、名字が月野になったんです。だから『月野姫』の最後は、お月さんに帰って行くんですよ(笑)

12/26発売の週刊SPA!「ニューハーフLOVE男子増殖のなぜ」では、ニューハーフを“普通に”愛してやまない男たちを実像に迫った。 <取材・文/週刊SPA!編集部 撮影/水野嘉之>

週刊SPA!1/3・10合併号(12/26発売)

表紙の人/ももいろクローバーZ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中