雑学

歌舞伎町のチェーンホテル“X”にレディーボーイが大挙 売春ラブホテル化していた!?

 仙頭正教です。アジア一の繁華街、新宿歌舞伎町のガイド人をやっています。

 ガイドと言っても、私の場合、立ちんぼスポットからボッタクリ客引き、心霊ビルまで、町の“怪しい”スポットを紹介するのがメインです。

 さて、そんな歌舞伎町は、今や外国人旅行者のメッカです。『ゴールデン街』にも風俗案内所にも英語の看板が掲げられ、いつしか『区役所通り』沿いのバッティングセンター向かいには、観光バス駐車場が作られました。町全体が「ウェルカム、トゥ、カブキチョー!」です。

 が、しかし、そんな流れに乗ってか今、ある招かれざる東南アジア系外国人たちが、次から次へと歌舞伎町へやって来ています。

有名ビジネスホテル“X”が売春の温床に


 有名ビジネスホテル“X”に宿泊するその旅行者たちは、見た目は女、しかし性別は男。いわゆるニューハーフ、向こうの国の呼び方でいうところの『レディーボーイ』なんですが、問題はその動きです。

 なにせ彼らは、連泊をしながら、夜な夜な“X”の前で、立ちんぼ売春をやらかすんですから。

“ちょんの間”スタイルで、宿泊中の部屋に誘い込む


 “X”の周辺で、売春レディーボーイの姿を見かけだしたのは、今年5月ごろからです。最初は2、3人だったんですが、次第に数が増えていき、夏には10人以上を数えるまでになりました。

 見た目は女性よりも女性らしく、露出度の高い格好をしており、妖艶な雰囲気。大発生したその風景は、まるでバンコクの街娼街です。

 しゃべりかけると、その見た目とは裏腹にやたら声が低いのがパターンなんですが、正体を隠し、純粋な女性だと言い張ってくることが多いです。また「どこから来たの?」と尋ねると、

「シンガポール」
「香港」

 といった国名を口にするレディーボーイが多いのも特徴でしょうか。

 そして最大の特徴は、売春のやり方です。

 金額は1~2万円とレディーボーイによってまちまちなんですが、プレイ場所については、全員が決まって宿泊中の自分の部屋を提案してきます。

 “X”の前で客を引き、“X”の中でコトに及ぶ。言うならば“ちょんの間”スタイル。何なんでしょうかこの大胆さは?

 一応、彼らの股間についても触れておきましょう。実際、買春した男性数名からうかがった、計4名のレディボーイの股間の“改造状況”は以下の通り。

・2名……ペニスは付いているが、おそらく睾丸は摘出されていると思われる

・2名……改造無し

価格交渉も慣れたものだ

 ちなみに、彼女たちを買った男性の話によると、プレイ時、「純粋な女って言ってたよね?」と指摘したときの返事は、すっとぼけられるのが定番とのこと。

次のページ 
売春レディーボーイが大発生した理由

1
2

・ツアー募集(https://kabukicho-guide.com/
・メール(masanorisento@gmail.com)





おすすめ記事