バブルに沸くソーシャルゲーム業界の年収は?

ソーシャルゲーム今年の1月17日に矢野経済研究所が発表した調査結果によると、’11年度の国内ソーシャルゲームの市場規模は、前年度比1.8倍の2570億円(広告収入は含まない)。さらに’12年度は、3429億円に拡大すると予想され、’08年度の市場規模49億円から、急激な成長を見せている。その知られざる舞台裏を、ソーシャルゲームの運営会社でプランナーとして働く池田洋二氏(仮名・29歳)、シナリオを手がけたことがあるフリーライターの林田直哉氏(仮名・35歳)、キャラクターを描いているイラストレーターの土屋正平氏(仮名・26歳)の3人に語ってもらった。

◆ソーシャルゲーム業界は今がまさに稼ぎどき!

――ソーシャルゲーム業界って、やっぱり儲かってますか?

池田:いきなりお金の話ですか(笑)。まぁ、ぶっちゃけると、僕が担当しているコンテンツは、月に数億円売り上げています。ただ、桁が違いすぎて全然実感はないですね。

林田:ソーシャルゲームの開発費は500万円くらいと言われていますから、相当稼いでますね。一般的なゲームと比べて開発費が安いですし、売れ残りの心配もない。

土屋:僕は前の会社でソーシャルゲームのキャラクターのイラストを描いていましたが、レアになると1枚10万円前後でした。頑張れば1日2枚描けるので、会社は儲かっていたでしょうね。

――レアっていうと、ネットオークションで取引されるような、いわゆる人気のカードですよね?

土屋:そうです。レアカードはメディアへの露出頻度も高くなるので、お金をかけてクオリティの高いものを作ろうとするんですよ。

――ということは、お三方も相当稼いでいるんじゃ……。

池田:今は契約社員で、月収だと30万円は超えています。年齢の割にはもらえていると思います。

土屋:僕はソーシャルゲームを専門に作っている会社に引き抜かれましたが、年収が1.5倍になりました(笑)。約500万ですね。

林田:うらやましいなぁ(笑)。僕はフリー契約なので、固定給ではないのですが、一般のゲーム業界と比べて仕事は多いですね。そういう意味では稼ぎやすいと思います。ただ、問題もあって……。

――と、いいますと?

林田:ひと儲けしようと新規参入してきた、よくわかっていない会社に、一般的な値段よりも高いお金をふっかけて儲けようとする、悪い人間も多いんですよ。

――問題といえば、レアカードの当たりやすさをユーザーごとに変えている、なんて噂を聞きました。

池田:少なくとも、僕が知っている範囲では聞いたことがありません。そもそも運営している人数が少ないので、何万人、何十万人のお客さんを相手に、確率を変えて管理するのは難しいと思います。

⇒【後編】へ続く http://nikkan-spa.jp/212776
ソーシャルゲーム業界で求められる人材とは?

取材・文/黒田知道
― 急成長!ソーシャルゲーム業界の舞台裏【1】 ―

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中