自動車メディア業界の“お祭りレース”に参戦!栄光のゴールを目指して

 去る9月1日、残暑厳しい筑波サーキットにて、自動車メディア業界にとって年に一度のお祭りレース“メディア4耐”が開催された。

※“メディア4耐”とは?
自動車専門誌やウェブ、テレビなどのメディアが4~5人でチームを組み、編集者やモータージャーナリスト自らがドライバーとして挑む4時間耐久レース。レースで使用できるガソリンは90リットル。全開で走り続けると4時間もたずにガス欠になるため、燃費と速さをいかに両立されるかがカギ。初代ロードスターが発売された1989年から筑波サーキットで毎年1回開催され、今年で23回目を数える。SPA!は9回目の出場。2010年の11位(22チーム中)/178周が過去最高成績
(※昨年の模様はこちら⇒http://nikkan-spa.jp/70009)

◆栄光のゴールを目指して

メディア4耐 実は「お祭りレース」だと思って参戦してるのは我がSPA!(+講談社)チームだけかもしんない。自動車専門誌の皆さまは優勝目指して本気モード。ロードスターには燃費計を取り付け、ケータイを使ってドライバーとピット間で常に交信。緻密な燃費計算と戦略を立て、速さと燃費を見事に両立させてる。

 一方我々は、燃料計の針の位置で燃費をコントロール。ケータイは使わず、ピットのサインボードによる指示だけ。もう何回も出場してるんだから「自分で考えて走りなさい」という、今年も曖昧な作戦だった。

 予選17番手から4時間後のゴール目指してスタート! 1番手の講談社・園田が今までの自己タイムを大幅に縮める快進撃! 2番手・コンコルド足立は手堅く走って、1時間経過時には7位走行。3番手・交通コメンテーター西村はいつも通り走って、2時間経過時の順位は11位。この時点でシングルフィニッシュも夢ではなくなっていたのだが……。

 残すはあと2人。十勝24時間レースに出場したこともある、我がチームの中では最もレース経験豊富な流し撮り職人ことカメラマン池之平。そしてアンカーは6年ぶりにメディア4耐に帰ってきた、ご存知MJブロンディ。2人の独占インタビューで振り返る。

――このレースを最後に「ヘルメットを置く」という引退宣言をして乗り込みましたが。

職人:今までは僕が走る時点ですでに問題外の順位だったけど、今年は“勝負する権利”を残してくれた。だから、ついつい色気が出ちゃった。

――3時間経過時には12位。ピットでは安心しきって任せてました。

職人:ガソリンが思ったより減らなかったから、パッシングをしながら抜いたりしてイケイケドンドン。今考えれば暴走(笑)。本当なら高倉健みたいに耐えなきゃいけなかった。

――MJさんにバトンタッチした時点で10位。期待が膨らみました。

MJ:ガソリンが4分の1より残ってたし、失うものは何もないということで、攻めちゃったんだよ。最初なんか6000~6500回転まで回してたからね。でも走り始めて10分くらいして、これはまずいんじゃないかと思い始めたんだよ。

――でも、タイム上がってます。

MJ:それまで集団に入って競ってたんだよね。抜かれたんで前が開いた。それでも回転を落としたんだよ。5500、5000とチビチビと。落とし始めたら燃料警告灯がついちゃったのね。残り20分でついたらギリギリいけるという適当な計算だったんだけど、まだ26~27分あった。これは最後までもたないなということで急激に落として、ストレートではニュートラル走行したんだけど。

――それでもついに息絶えた。

【後編】に続く⇒息絶えたSPA!チームの取った驚きの行動とは!?
http://nikkan-spa.jp/301297


― 栄光のゴール目指して【前編】 ―

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中