【将棋電王戦第3局】プロ棋士に勝った「ツツカナ」とは?――秒読みちゃん画像付き

将棋電王戦2,ツツカナ

ツツカナ(提供:ドスパラ)

 4月6日、将棋のプロ棋士5人と5つのコンピュータ将棋ソフトが対決する『第2回 将棋電王戦』の第3局が、東京・千駄ヶ谷の将棋会館で行われた。中堅戦は、終盤力に定評がある若手実力派・船江恒平五段と、昨年の『世界コンピュータ将棋選手権』で3位(42チーム中)となった「ツツカナ」の対決。第1局はプロ棋士が勝利、第2局はコンピュータがついに対プロ棋士戦で初勝利。そして1対1のタイで迎えた第3局は、団体戦の今後を占う上で重要な意味を持つ対局となった。

 ちなみに、この対局の前日には、将棋には腕に覚えがあるという俳優・石田純一と、お笑いコンビ・インパルスの板倉俊之による「ツツカナ」とのエキシビションマッチも行われた。いくら将棋経験があってもアマチュアでは歯が立たないということで、飛車落ち、プロ棋士・伊藤真吾四段によるアドバイス、ニコニコ生放送のコメントでのアンケートなど、さまざまなハンデも用意された。が、やはり結果は「ツツカナ」の圧勝に終わっている。

⇒エキシビションマッチの模様はこちら
https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=420275


 そしてそのころ、将棋会館では重大な事件が起きていた。「ツツカナ」開発者の一丸貴則氏が将棋会館でセッティングを始めると、自宅から宅配したマシンのCPUの温度がみるみる上がり、使えなくなってしまったのだ。そこで急遽、ニコニコ生放送の運営がドスパラからエキシビションマッチ用に借り受けていたマシンをスタジオから移動。本番でもこのマシンを使用することになった。

「今回のマシンだと2割ほどパワーアップしている計算になりますが、いつもは1秒間に400万手ほど読みます(※)。ほかの将棋ソフトと比べると軽いソフトだと言うことはできます」(「ツツカナ」開発者・一丸貴則氏)

※第2局の「ponanza」は3~4500万手、第1局の「習甦」が1000万手程度。

「将棋ソフトにもパラメータの数の違いなどによって、重いソフトと軽いソフトがあるんです。たとえば、われわれの『GPS将棋』は、かなり重いソフトと言えます。コンピュータ将棋ソフトの強さは、CPUの性能や、マシンの数以外にも、いろんな要素がからんでくるんです」(「GPS将棋」開発者・東京大学准教授 金子知適氏)

 そもそも「ツツカナ」は、今回の『第2回 将棋電王戦』に登場するなかでは最も貧弱な構成のマシンを使用する予定になっていた。しかし、過去の棋譜を見るなどしたプロ棋士たちの間では「最も人間に近い感覚の手を指す」と評判が高かった将棋ソフトでもある。少なくとも、将棋の手を読むことのエネルギー効率の良さ、ハードウェアに依存しない汎用性の高さに関しては、トップクラスの性能と言えるだろう。

 こうした「ツツカナ」の特徴は、どれだけ先の局面まで読むかをコンピュータ自身に機械学習させる、というほかのソフトにはない仕組みに由来するのではないかと言われている。実際に「ツツカナ」は、そうした仕組みを導入してから、コンピュータ同士の対局でも急激に強くなったという。

「『ツツカナ』では、機械学習によって3手分ほど局面を読む深さが変わります」(「ツツカナ」開発者・一丸貴則氏)

「3手」というとわずかな違いに思えるのだが、コンピュータ内部の計算処理の量は大きく変わる。これが「ツツカナ」が処理速度的に劣っていても強い秘密かもしれない。比喩として適当かは難しいが、体が小さくリーチが短いのに、的確に急所を突いてくるボクサーのようなイメージだろうか。

 結局、対局当日の朝までセッティングで徹夜を強いられてしまった一丸氏ではあるが、将棋を指すのは「ツツカナ」なので問題はナシ。なんとか事なきを得ただけでなく、本来よりも2割増しのパワーアップというケガの功名が、本番の対局になんらかの影響を及ぼすことはあるのか。

 そして午前10時。対局開始早々に「ツツカナ」から驚きの一手が飛び出した。4手目に指されたのは「△7四歩」。これは将棋の定跡には、まったく存在しない手である。

「これは……どういうことなんですかね?」(鈴木大介八段@ニコ生解説)

⇒【つづき】二転三転の大激戦となった一部始終を振り返る
http://nikkan-spa.jp/420790


⇒【秒読みちゃん画像集】 http://nikkan-spa.jp/420273/denou2-3_09

<取材・文・撮影/坂本寛 撮影/林健太>

◆第3局「船江恒平五段 vs ツツカナ」PV – ニコニコ動画:Q
http://www.nicovideo.jp/watch/1364393871

◆ 第2回将棋電王戦 特設ページ
http://ex.nicovideo.jp/denousen2013/

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中