PC苦手オヤジの処世術「できる人に上手に頼む」

日本のパソコン普及率が70%を超える今、バリバリ働いているはずのアラフォー世代でパソコンを使えないサラリーマンがいまだにいるという。そんなサラリーマンの生態を本人談や目撃証言をもとに解き明かす

◆全ては適材適所。得意なヤツに甘えたもん勝ち!!

パソコン, 残念な人「パソコンなんかできなくても仕事はできるんだから問題ありません」と平然と言い放つのは、地方の銀行で営業職として勤務する赤川茂さん、42歳。

「パソコンはWordやExcelを開いてもらえれば文字を打ち込むくらいはできますよ。でも、保存だとか文章をコピーして貼り付けるだとか、グラフとか、小難しいことを言われると訳がわからなくなる。ワープロとして使いこなすだけで精いっぱいなんです」

 普段の主な仕事は外回りや営業、雑務などが多く、パソコンスキルが皆無でも特に問題はないという。

「事務手続きでもなんでも、規定のフォーマットに数字を打ち込むだけなんで、パソコンの知識がなくてもなんとかなるんです。資料のファイルを探したり、何かをネットで調べたいときは若い社員に頼めばそれで済みますし。自宅に家族用のパソコンがあることはあるんですが、これまで特に興味を持ったこともないからどう触っていいのかすらわからない。ヘタにいじって壊したら家族に怒られるし、別に覚える必要もないので完全に放棄しています」

 パソコンをシャットダウンさせる際、「本体に電源を切るボタンが付いていない」と騒ぐなど、その機械オンチぶりはかなり重症だ。

「一度、娘にパソコンを教えてもらったこともあるんですが、開始早々『立ち上げて』と言われ、なんのこっちゃ状態。『初心者に対していきなり専門用語を使うな!』と怒ったら、それ以来一切教えてくれなくなりました。でも、できる人にやってもらうのが、一番効率がいいと気づいたので、もう覚えなくてもいいや、と。その代わり頼ってばかりでは鬱陶しがられるので、若手社員の愚痴や相談には親身になって答えたり、ときどき職場に差し入れをしたり、一応は気を使っているつもりです」

 得意先への連絡も、急ぎではない限り“手紙”を送る。

「メールを打つのにも、パソコンを起動して、個人パスワードを入力して、アドレスを打ち込んでという一連の流れが面倒くさいので、基本手書きの手紙を送るようにしています。先方からは『わざわざありがとうございます』とお礼の電話が来たりと、意外と評判もいいんですよ。適材適所っていう言葉があるように、できる人にうまくお願いすれば、すべてが円満に収まるんです」

 愛されるアナログ親父キャラの確立を目論んでいるのだとか。

◆スマホに興味を持つも、周囲の反対で購入を断念

 そんな赤川さんも、最近になってようやくスマートフォンに興味を持ち始めたという。

「もともとデジものには興味がないんですが、あまりにも周りのスマホ所持率が高くなってきたので、そろそろ自分も挑戦してみようかなと思い、でも娘には、『パソコンを使えない人がスマホなんて無理』とバッサリ言われ、職場でも『どうせまた教えてくれってうるさくなるからやめてほしい』と散々言われてしまいました(笑)……」

 休日に趣味の釣りを楽しむための穴場情報や時間ごとの天気など、必要な情報はみな家族や同僚に電話をして調べてもらっている。

「今使っているガラケーでもネット検索はほとんどしません。検索するたびにお金とか取られそうで怖いんですよね。それに、『スマホの使い方を一から教えたり、初期設定を頼まれるくらいなら今のほうが楽』と、皆親切にしてくれる。デジものに弱いとか、隙があるほうが好感を持ってもらえそうなので、このまま現状維持でもいいかなと思っています」

 周囲の迷惑を気にすることなく、アナログ親父は今日もポジティブ思考でわが道を突き進む。

― 35~45歳[パソコンが使えない会社員]驚愕の働き方【2】 ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中