内藤大助、自らの最短敗北記録を振り返る

バレンティンの本塁打、マー君の連勝など、新記録で盛り上がったプロ野球。しかし、スポーツの世界には逆の意味ですごい「ワースト記録」がある。野球、サッカー、ゴルフ、ボクシング、競馬など、さまざまなスポーツのワースト記録をひもときつつ、その当事者にも直撃取材!

◆[ボクシング]部門

内藤大助

内藤大助オフィシャルブログ「最短男の最短日記」より

「あのときの記憶は飛んでるんだよね」と、’02年にタイで行われたWBC世界フライ級タイトルマッチを振り返る内藤大助氏。開始34秒でのKO負けは同タイトル戦史上最短記録。「意識が戻ったとき、関係者が僕を囲んでてね。状況が呑み込めず『あー、オレ試合だよ!!』って叫んだら、トレーナーに『もう終わったんです』と言われて……。それでもよくわかってなかったの」

 実感が伴ったのは帰国後。空港で迎えてくれるマスコミやファンは誰一人いない。翌日、新聞を開くと見出しに大きく「最短KO記録」と載り、ネットを見れば「日本の恥」との書き込みが……。

「あいや~と思ってね。でも、別に頭にくるとかはなかったな。みんな期待してくれてたからこそ、厳しい意見を言うわけですから。ただ、負けた途端に大勢の人が離れてったのは寂しかったけど、反対に数少なくても残ってくれた人もいたのよ。また観に行くよ、応援するよって。うれしくてねぇ。この人たちを喜ばせたいと再起を誓ったんだよね。その後、日本どころか世界タイトルまで獲れた。結果論かもしれないけど、あの試合があってよかった、あれが原動力になったと今なら思えます」

 そう話す内藤氏だが、実は’04年の日本フライ級タイトル防衛戦では1R24秒で今度は逆にKO勝ちという日本タイトルマッチ史上最短記録も持っているのだ。

◆国内試合での最短KO記録は、わずか8秒

 やっぱ、同じ最短でも勝利は気分いいもの?

「いや、僕自身は何とも思ってないです。ただあの試合で覚えてるのは、相手が倒れて立ち上がらなかったとき、『やっと終わったー』って。24秒でもすっごく長く感じたんだよね。初防衛ってことでプレッシャーがものすごかったんでしょうね。マスコミには『今度は勝ちで最短だ』とか書かれたけど。で、自分で『勝っても負けても最短男』ってキャッチフレーズつけたんですよ。僕らは人に覚えられてナンボ。山あり谷ありのほうが注目されますからね(笑)」とは、なんというポジティブさ! ただ、最短記録敗者になっちゃった相手選手は複雑かも……。

 さらに国内では、わずか8秒でKO負けという日本ボクシング史上最短記録がある。’05年に行われた星野泰幸選手のデビュー戦だ。所属する相模原ヨネクラジムの幡野光夫会長によると、「当時は別のジムにいたんだけど、近所なのでスパーリングには来てましてね。才能のある選手と思っていたので、新聞を見て(最短KO負けと)知ったときはびっくりしました」。

 同ジムに移ってからも「そのことには触れないようにしてきた」らしいが、「普通なら8秒KO負けしたら立ち直れない。そこを乗り越えて頑張ってきて、現時点で5勝(4KO)5敗1分の成績ですから。僕はもっと実力を出せる子だと思ってます」と明言する幡野会長。ワースト記録になっても前傾姿勢のボクシング選手たち……さすが皆さん打たれ強い!

― スポーツ[ワースト記録]大全【4】 ―

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中