超マニアック!東京初のレバー料理専門店に潜入

Bb<ボディブロー>レバーダイニング

店先にはサンドバック。「ご自由に叩きください」

 最近はいささか敷居が高くなった内蔵料理。牛レバ刺しはすでに幻となり、ホルモンは女性の間でブームに火がつき高値の花となった。敷居が高くなれば、是が非でも食べたくなるのは内蔵好きの性。記者もご多分に漏れず、あらゆる内臓料理を”嗜ん”でいる。そんなおり、レバー料理の専門店が12月頭にオープンしたとの情報を掴んだ。美食の地・東京で初の「レバー料理専門店」だという。さっそく潜入を試みた。

 場所は「住みたい街ナンバーワン」の地・吉祥寺。ハモニカ横丁やデパートがある北口の喧騒とは離れた南口、末広通りにその店はあった。

 いきなり目に飛び込んできたのはサンドバック。「ご自由に叩いてください」と店頭に書いてあるが、道行く人々も「ボクシングジム?」と訝しみながら店の中を覗きこんでいる。看板には「Bb<ボディブロー>レバーダイニング」。ボクシングのパンチを冠した屋号に”だだものではない感”がにじみ出ている。

 店内には金網、ところどころにボクシングの写真や、豚の頭のオブジェが飾ってあり、黒で統一された内装はマッチョな雰囲気だ。「この世で手に入るあらゆる肝を料理にしてみました!」と店長氏は満面の笑みで胸を張る。こんなご時世だけに、恐る恐る取材を申し出ると、なんとかOK。一部メニューの撮影に成功した。

レバー料理

店内にはボディブローを打つ瞬間の写真が多数

◆レバー好きによる、レバー好きのための料理

 まずは「レバーペースト三点盛り(1200円)」。鶏のレバーペーストは巷の店で見られるが、さすがは専門店。牛・豚・鳥の三点の盛り合わせである。鶏は甘くまったりとした味わいだが、豚と牛はじっとりと濃厚。牛のレバーペーストは初めての記者。そのコクはフルボディの赤ワインがピッタリだ。心配した臭みもなく、混ぜ込んであるドライフルーツの甘みと香りが内蔵の味を引き立てる。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=552028

レバー

「レバーペースト盛り合わせ(1200円)」。鶏・豚・牛、味の違いが楽しめる

 次は「レバーのくん製盛り合わせ(1000円)」こちらも牛・豚・鶏の三点が盛られている。店内のくん製室でじっくりと燻されたレバーの外側は飴色に輝いている。ブナ・ナラ・サクラなど日替わりでチップを調合し、供される。スコッチウィスキーとともに香りを楽しんだ。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=552029

レバー

「レバーのくん製盛り合わせ(1000円)」三種の食感の違いが楽しめる

「本日の豚レバーのソーセージ(780円)」をいただく。じっくりと焼かれたソーセージをナイフで割ると、じわっと溢れ出る肉汁。レバーと聞くと、パサつくイメージがあるが、噛めば噛むほど肉の旨味が口のなかに溢れてきて、ビールが進む。聞けば毎日、スパイスや肉の挽き方を変えているという。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=552030

レバー

「本日の豚レバーのソーセージ(780円~)」。ナイフを入れた瞬間に肉汁がジュワ~

 実は、レバー料理は鶏・豚・牛だけではない。「もともとは違う料理店で腕を振るっていたのですが、レバーが大好きで、いつかはこんな店をやってみたいと思っていました。精肉店等との長年の付き合いで、仕入れのルートが確立したこともあり念願のオープンにこぎ着けました」

 独自のルートで仕入れた、エゾ鹿のレバーやフォアグラ、カニの肝、うな肝、フグの卵巣(!)、あわびの肝、などを使った料理、約40種類がラインアップされている。

「仕入れの関係で、まだまだメニューには載らない、載せられない(笑)裏メニューがあります」と不敵に笑う店長氏。東京初のレバー料理専門店のパンチは変幻自在、レバー好きの胃袋と好奇心を直撃するだろう。

レバニラ炒め

「Bb流レバニラ炒め」。焼いた豚レバーの上にニラペーストを載せたボリュームメニュー

<その他のメニュー>※抜粋
・鶏レバーのネギ塩串焼き(500円)
・牛レバーのかりん糖(600円)
・フォアグラの揚げ出し(1000円)
・かに肝コロッケ(650円)
・うな肝甘辛煮(580円)
・牛レバーのメキシカンパスタ(980円)
・あわびの肝のおつまみピザ(600円)
ワイン約20種、ウィスキー20種、ビール、サワー他多数。

●「Bb<ボディブロー>レバーダイニング」
東京都武蔵野市吉祥寺南町2−8−7 ガイビル1F
0422−24−9100
営業時間 火~土 18時~翌3時(LO翌2時)、日・祝 15時~23時(LO22時)、定休日 月(月が祝日の場合は火曜)

Bb<ボディブロー>レバーダイニング<取材・文・撮影/遠藤修哉>

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中