衝撃のくだらなさ!「国宝みうらじゅん いやげ物展」開催

 ゆるキャラ、仏像などさまざまなブームの火付け役となり、SPA!の名物連載「グラビアン魂」でもおなじみの、みうらじゅん氏。そのみうら氏のライフワークとも言える「いやげ物」コレクションを一堂に集めた展覧会が開催中だ。

「いやげ物展」会場にて、記者団の質問に答えるみうら氏

 その名もズバリ「国宝みうらじゅん いやげ物展in TOKYO」(渋谷・パルコミュージアムにて2月3日まで)。念のために説明しておくと、「いやげ物」とは“もらってもうれしくない(むしろ迷惑な)いったい誰が買うんだろうと疑問に思うような土産物”のこと。具体的には、ヤシの実で作った人形、変な掛け軸、ダサい湯呑み、金ピカの城とかタワーの置物……などで、それぞれ「ヤシやん」「ヘンジク」「ユノミン」「金プラ」と命名されている。いずれもみうら氏が数十年にわたって全国各地で収集したもので、見た瞬間、「何じゃこりゃ?」と腰が砕け、「いらねー!」と心底思える逸品(?)ぞろいだ。

「『こんなもん誰が買うんだ? ……オレだ!』という使命感で買ってます。“買わネバー”の精神ですよね」とは、みうら氏の弁。とはいえ、「もうやめよう」と思ったこともあるのでは?

一堂に会した「ヤシやん」たち。存在理由がわからない。

「これはもう趣味じゃなくてクセですから。クセは直らないですよ。値札が取れてるやつをレジに持っていったら何万とかね、高いもの買うのはやっぱりキツいですけど、どこまでカネをドブに捨てられるかの勝負ですよね(笑)」

 旅先でかさばるものを買ったりすると、持って帰るのも大変だと思うのだが、宅配便で送ったりはしないという。

「指がちぎれるような重さがいいんです。“スーべニール・ドM”ですから、重ければ重いほど“やった感”がある。途中、『割れたら困るな』とか、すごい心配するんですけど、帰ってきて開けたら『いらないわ、コレ』っていう(笑)。でも、その大事にしてる時間がいいんですよね」って、もはや変態の域に達している。

 今回の展示物は約2000点。それでもコレクション全体の半分ぐらいだそうだが、細かく見ようとすると2~3時間はかかりそうなほどで、くだらなさの物量攻撃に圧倒される。

「でも、ここにあるやつ、ほとんど絶滅危惧種ですからね。日本人も『コレいらないな』ということに気づき始めたんじゃないかな。あと、ゴムヘビなんかは溶けてくっついちゃって、15匹ぐらい失われてるんですよ」

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=570594

ゴムヘビ

捕獲された「ゴムヘビ」の数々。みうら氏以外に誰が買うのか。

 放っておくとどんどん消えていく「いやげ物」たち。世界遺産にはたぶん登録されないと思うけど、今のうちに見ておいたほうがいいかもしれませんよ。 <取材・文/新保信長 撮影/スギゾー>

●国宝みうらじゅん いやげ物展in TOKYO
http://www.parco-art.com/web/museum/exhibition.php?id=619

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中