余命1年のドクター中松「私にとってがんは僥倖」

ドクター中松氏

ドクター中松氏

 昨年6月、現代医療では治療の困難な悪性がん「前立腺導管がん」で、医師から2015年末までの余命宣告を受けたことを告白した発明家のドクター中松氏(86)。「余命1年の感想と現状の発表」と題して、ドクター・中松ハウスにて、記者会見を開いた。

「食事を摂ると、目の前が真っ白になってしまい卒倒する」と現在の症状について触れたのち、「自分の体を実験台に、腎臓、心臓、メンタルの改善を図るがん撲滅の10大発明の研究・実験を進めている」ことを発表。その10大発明を「DNT10」(Dr.NAKAMATS’ INVENTED THERAPY OF BEATING DISCASES INCLUDING CANCER)と命名。

「今年中に10種すべての発明に成功しなかったとき、それは私の命が潰えるときだ」と語った中松氏。現時点では10種のうちの2種、DNT3.「20TWENTEA」(高麗人参、くま笹、くこの葉、ドクダミなど20種をブレンドしたお茶)の開発・実用化と、DNT2.「ガンの狂風」(心を鼓舞するガン撲滅の歌)の作成に成功したことを報告。残りは以下の8発明。

DNT1.病気に負けない心の健康「撰難楽でワクワクする気持ち」
DNT4.病気撲滅食べ物「ガンガン食とガンガンカレー」
DNT5.病気撲滅の味覚「ガンガンおいしい」
DNT6.病気撲滅の食べ方「ガンガン食べ方」
DNT7.病気撲滅サプリメント「ガンガン元気」
DNT8.病気撲滅の運動「ガンガン筋トレ」
DNT9.水を使って病気撲滅「ガンガンアクア」
DNT10.がん撲滅ロボット「ガンガンロボット」

「治療不可能とまで言われたがんに罹ったことは、悲劇でもなんでもなく、私にとってはむしろ僥倖。通常のがんであれば私は凡人であったということ。これが発明家である私に課せられた天命だと思い、使命感を持って研究に没頭していきます」

 会見の最後には、DNT2.「ガンの狂風」を熱唱した中松氏。その行方やいかに? <取材・文/日刊SPA!取材班>

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中