ユニクロのジーンズを1万円台の高級品に見せる裏技

メンズファッションのバイヤーMB氏

メンズファッションのバイヤーMB氏

 メンズファッションのバイヤーMBです。洋服の買いつけという本業の傍ら、ブログメルマガで「オシャレの正解」について発信していたところ、こちらで執筆させていただくことになりました。連載第9回目をよろしくお願いします。

「ユニクロのジーンズなんてたかが知れてるでしょ?」「安かろう悪かろうだよ」。いいえ、とんでもありません。ユニクロのジーンズは価格こそ2000~3000円程度ですが、素材は日本のデニムメーカー「カイハラ」を使用しています。「カイハラ」は2~3万円台のプレミアゾーンと呼ばれる海外有名ブランドの高級ジーンズも手がけていて、その評価は世界的なものです。

「でもシルエットは微妙じゃないか」と思う人もいるでしょう。確かにパンツはシルエットが命。形の良し悪しは上着以上にモロにわかってしまうものです。いかに素材が高級「カイハラ」であったとしても、形が悪ければ何の意味もありません。

 ……しかし! ユニクロでもたった1箇所だけポイントを押さえて「お直し」すれば、たとえ3000円台のユニクロジーンズでも1万円以上に見せることができるのです。今回使うのはこちら。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=787881

ph1ph2

「スキニーフィットテーパードジーンズ+」 3990円。ユニクロ代名詞の一つ「スキニーデニム」です。まずはこれをそのまま穿いてみましょう。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=787888

ph3ph4

 細身でなかなか綺麗なシルエットです。悪くはないですが……ユニクロ的な野暮ったさを感じてしまいます。今のままでは値段の価値しかありませんが、これを「お直し」で1万円台の見た目にしてみましょう。「お直し」するところは「丈」です。

ユニクロのジーンズを1万円台の高級品に見せる裏技ちょっとしたコツでシルエットが生まれ変わる

 先ほどの着用画像を見てください。裾にシワがたまっています。これを「クッション」と呼びます。このラフな「クッション」がどうしても野暮ったい印象を与えてしまうのです。普段ジーンズを穿いている人がスーツでスラックスを穿くと、「あれ? かっこいいかも……と思う原因の一つがこの「クッション」にあります。「クッション」がなくなると、足がスッキリと綺麗に見えて脚長効果を生むのです。逆に「クッション」が何重にも入っていると、足に視線を集めて強調してしまうため、足の長さが丸わかり。私の様に日本人体型、短足をごまかせなくなってしまうのです。

ユニクロのジーンズを1万円台の高級品に見せる裏技 ですから、お直しのポイントは「くるぶし丈」です。「くるぶし」に裾がかかるくらいに裾上げをすると、概ね「クッション」は出ません。ユニクロの店員さんに「くるぶしにかかるくらい短めでお願いします」と伝えれば丈を調整してくれるはずです。

 かなり裾上げすることになりますが、思い切って遠慮なくいきましょう。ちなみにユニクロの裾上げは無料です。フィッティングルーム付近にいるスタッフに声をかければOKです。しかも混雑していなければ、数十分程度で仕上げてくれます。

全身ユニクロとは思えない!

 さて裾上げしたシルエットを見てみましょう。

 どうですか。まるでスラックスを穿いているように大人っぽく、脚長に見えませんか? 裾上げ前と比較してみましょう。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=787892

ph7ph8

 とても3000円台のジーンズには見えません。セレクトショップなどで購入した1万円オーバ―のジーンズに早変わりです。クッションがほとんど出ておらず、脚長シルエットが実現できています。全身で見るとその綺麗さが際立ちます。

 こんな感じ。とても3000円台のユニクロを穿いているようには見えないですよね。……ちなみに上に着ているシャツもユニクロです! 実はこちらもちょっとした「ユニクロに見せない工夫」をしています。こちらは「最も早くオシャレになる方法KnowerMagメールマガジン」内にて語りますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ユニクロのジーンズを1万円台の高級品に見せる裏技 さて、最後に注意点を二点ほどあげておきましょう。一つはサイズ選び。せっかく裾を綺麗にしてもサイズがユルかったりすると、せっかくの美脚シルエットが台なしです。なるべく細めのサイズを選びましょう。目安は「ウエストのボタンが止まるか止まらないか」くらいのサイズ感。「こんなキツいウエスト耐えられない!」と思うかもしれませんが、大丈夫です。デニムですから1週間も穿けばウエストは馴染んで伸びて楽になります。「楽なほうがいいな」と1サイズ大きめを選びがちですが、ここは我慢してジャストサイズを選択してください。

 二つ目は靴選び。靴は別にブーツでもスニーカーでもいいのですが、「黒」を選んでください。「黒」を選ぶことでジーンズと靴の境界線をぼかすことができます。結果、どこからが靴でどこからがジーンズがわかりにくくなるので、足の長さをごまかせるのです。こちらに関しては「ファッションで短足はごまかせる!」(http://nikkan-spa.jp/756964)で語っていますので、併せて読んでみてください。

 高級セレクトショップなら平気で1万円、2万円と値段をつける「デニム」ですが。ユニクロが誇る高級素材とこのちょっとした裏技でそれらに劣らないものが完成します。是非試してみてください! またさらにシルエットをキレイに見せる「お直しの裏技」をサイトKnowerMag「ユニクロのスキニーを1万円のパンツに見せる裏技」に掲載しています。気になる方はこちらもぜひ読んでみてくださいね。 <文/MB>

【MB】
メンズファッション専門のバイヤー。年間数十のブランドの展示会に足を運び、買いつけを行う。年間取引量は億を超える。子供の頃から“狂うほど”洋服が好きで、ファッション業界に知悉している。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法(http://www.neqwsnet-japan.info/)」が話題に。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法(http://www.mag2.com/m/0001622754.html)」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し即完が続出。「まぐまぐ大賞2014年【有料部門】ライフ」にて大賞受賞。ファッション誌では読めない歯に衣着せぬ言説が注目されている。現在、自身のブランド「MB」の立ち上げに奔走中。秋には書籍を扶桑社より上梓する予定

最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版

女性からみた「買ってはいけない夏のユニクロ」ワースト3を発表

MEN プリントシャツ(半袖)
 梅雨が明けたらいよいよ本格的な夏がやってくる。今年の夏は例年以上の暑さとも言われているが、だからこそ爽やかに夏服を着こなしたいもの。  数あるファス…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(8)
メンズファッションバイヤーMB
梅雨シーズンの「薄毛対策」3選…茶髪、湯シャン、サプリを実践してみた
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
トレーダー目線で検証!アベノミクスは「失敗」か「失速」か
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
忙しすぎるビンスの3つのアジェンダ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第120回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
好きな女性には「きれい」と言え。
大川弘一の「俺から目線」
それでもモヤシはいやねぇ――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
沖縄移住を実現する7つのプラン――世界を6周半した男の大提言
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中