「ポケットサイズのPC」という謎のブームが起きている

スマホ、タブレット全盛時代にあってパソコンの存在感は薄れ気味……と思いきや、時ならぬホットなムーブメントが起きていた!

◆昨年11月にブーム勃発! 巨人・インテルも名乗り!?

パソコンショップ

ポケットPCはPCパーツショップやBTOパソコンショップを中心にブレイクした。入荷待ちが続くショップも

 カバンばかりか、ポケットに入れても持ち運べる超小型PCがこの冬からにわかに注目を集めている。昨年11月にスマホサイズの「ZBOX P」が登場してガジェット好きの間で評判になったのを皮切りに、続く12月にスティック型PC「m-Stick」が売り出され、2万円切りの安さも手伝って大ヒット。発売から3か月近くたっても供給が追いつかないほどの反響が続いている。

 さらに、年明け直後に米インテルもスティック型PCの開発を進めていると明らかにしたことで、今後PC業界全体にブームが広がる可能性すら感じられるようになった。

ZBOX PI320 pico Win8.1 with Bing

ZBOX PI320 pico Win8.1 with Bing

 これら「ポケットPC」は、タブレットで採用されている省電力CPUを搭載し、メモリやストレージ容量を抑えることで破格の小ささを手に入れた。

 加えて、OSにライセンス料がかからない「Windows8.1ウィズBing」を使うことで大幅なコストダウンも実現。同OSは通常のWindows8.1とほとんど同じもので、一定条件を満たした小型デバイスにしか組み込めない。一般的なPCではあり得ない価格が成立する秘密はそこにある。

 つまるところ、ポケットPCとはタッチディスプレイのないWindowsタブレットのようなもの。

m-Stick MS-NH1

m-Stick MS-NH1

 性能はそこそこだがリーズナブルで、小回りが利く。テレビのHDMI端子に挿して、マウスやキーボードと接続すれば、そのまま大画面でのPC作業ができてしまう。Wi-Fi内蔵なのでネット環境にはもちろんつながるし、USBやBluetooth、マイクロSDカードスロットなどを介してさまざまなデバイスを組み込むこともできる。ネットにあるフルHD動画を観賞したり、ワードやエクセルでちょっとした仕事をする程度なら十分快適にこなせるので、使い道は幅広い。

 給電には付属のACアダプタが必要だが、消費電力が低いので、モバイルバッテリと組み合わせることも不可能ではない。USBメモリにデータを入れる感覚で自宅のPC環境を持ち歩けば、職場であれ出張先であれ(ディスプレイとキーボードのある環境なら)「どこでもメインマシン」を実現することが可能なのだ。

⇒【後編】「ポケットサイズPCって、どんな人が買ってるの?」に続く http://nikkan-spa.jp/806800

<PCはここまで小さくなった!!>

●ZBOX PI320 pico Win8.1 with Bing(ZOTAC)
実勢価格3万5000円前後/66×115.5×19.2mm

スマホサイズのPCで、ディスプレイの背面などに固定できる。CPUはAtom Z3735Fで、ストレージ容量は32GB。容量が2倍の上位モデル「PI321」(実勢4万円前後)もある

●m-Stick MS-NH1(マウスコンピューター)
実勢価格1万9800円/38×100×9.8mm

32GBのストレージとAtom Z3735Fを搭載したスティック型PC。テレビなどのHDMI端子に直挿して、BluetoothやUSBで入力機器をつなぎ、付属のAC電源で給電する

Intel Compute Stick

Intel Compute Stick

●Intel Compute Stick(Intel)
価格未定(3月以降の発売を検討中)/未公開(長さ100mm程度)

2015年早々、米インテルが発表したスティック型PC。クアッドコアのAtomを搭載し、m-Stickと同じく本体から伸びたHDMI端子でつなぐ仕組みだ。OSなどの仕様は未公開

― ポケットサイズのPCという謎のブームに迫る【1】 ―

ZBOX PI320 pico Win8.1 with Bing

Intel Atom Z3735F搭載ポケットサイズのコンパクトPC

m-Stick

32GBのストレージとAtom Z3735Fを搭載

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中