仕事で英語を使わない職場でも、英語は武器になる――英語ができるのに普段は使わない男代表・中川淳一郎

中川淳一郎氏

中川淳一郎氏

 週刊SPA!連載「ニュースディープスロート」でもおなじみのネットニュース編集者・中川淳一郎氏。この男、試験勉強なしでTOEIC935点を獲得する英語力の持ち主でありながら、仕事ではまったく英語を使っていないという罰当たりである。そんな彼こそ「仕事で英語を使わない40代が、英語を勉強することにどれほどの意味があるのか?」という問いをぶつけるのにふさわしい人物であろう。

「仕事で英語を使わない職場でも、英語は武器になります。なぜなら『人は印象で評価・判断する』から。俺が博報堂に入社した当時、同じ部署の40代男性Yさん(TOEIC800点台)が『部内の英語通』としてもてはやされていたんですが、俺の得点がそれより高いというので、自動的に『Yさんより優秀な新人』扱い。繰り返しますが、英語は全然使わない部署なんですよ! 驚きましたね」

 多くの日本企業において、英語は「対外国人」ではなく「対日本人」に効力を発揮するものである。

「武器とするには、TOEIC700~800点クラスの“及第点”ではなくて、900点を超えるくらい突き抜けている必要がありますが、試験勉強すれば済む話。ヘタな資格を取ろうと頑張るより全然ラクです。すごく小手先な話ですが『ネイティブっぽいこなれた表現』を使うのも、日本人に対して効果大。I’m fine.の代わりにI’m okay.とか、Pardon me?(聞き返し)の代わりにSay that again?とか。英語ができない人間と旅行に行ったときに使えば崇拝の対象になりますよ」

 それだけ、日本人の英語に対するコンプレックスは根深い。

「“白人”に対するコンプレックスと言ってもいい。バーで『Hi!』なんつって白人男に絡んでいく帰国子女の女を見るとムカつくのもコンプレックスを刺激されるから。その点、英語ができると心に余裕ができるので、大人の風格が出ます。最強の“お守り”ですよ」

 もっとも、差し迫って必要なスキルではないだけに、モチベーションをいかに維持するかは重要課題。本特集が「ズボラ」をテーマに掲げているのもそれゆえだ。

「高校時代の俺は、ひたすらノートに筆記体を書いていました。’80 年代っ子なんで、マイケル・ジャクソンとかマドンナのサインに憧れていたんです。そのノリでJunichiro Nakagawaって何回も書いて。そうするうちにどんどん英語への関心が高まっていった感じですね。英語を勉強するのに大層な“目的”は必要ありませんが、“憧れ”は大切だと思いますよ」

●日本人相手にひけらかしたい!「こなれ英語」

・Say that again? なんですって? (聞き返し)
・I’m okay. 元気だよ(How are you? と聞かれたときの返し)
・I knew it! やっぱりね!
・After you. お先にどうぞ
・Who cares. どうでもいいよ

【中川淳一郎氏】
ネットニュース編集者。博報堂、雑誌ライター、『TV Bros.』編集者を経てネットニュース編集者に。最新刊は山本一郎氏、漆原直行氏との共著『読書で賢く生きる。

― 人生楽勝になる[ズボラ英語]勉強法 ―

読書で賢く生きる。

ビジネス書を読んでも年収は上がらない

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中