アニメ『聖闘士星矢 黄金魂』スタッフが語る「黄金聖闘士の魅力」

⇒【前回】はコチラ

――今回描いた、主人公・獅子座アイオリア以外の黄金聖闘士の魅力について教えてください。

●牡羊座ムウ

聖闘士星矢 黄金魂 Soul of Gold

聖闘士唯一の聖衣修復技術を持つ。常に冷静沈着だが、非常時には闘志をむき出しにし、無慈悲な打撃を加える。必殺技:クリスタルウォールなど

竹内:冷徹さの中に情熱を併せ持つのが、ムウの格好よさですね。彼は第2話で、自分自身をアルデバランのような肉体派キャラとは違うポジションであると自覚して事を進めますが、あれこれ策略を巡らせても行動自体は肉体派ですね。敵陣に一人で乗り込んで実験台になって、体を張って敵の核心に迫ろうとしますからね。肉体派と知性派を併せ持ったキャラクターですね。

●牡牛座アルデバラン

聖闘士星矢 黄金魂 Soul of Gold

聖闘士随一の剛の者で、話のわかる好人物。必殺技:グレートホーン

古田:強きをくじき、弱きを助ける。あと彼には愛があります。敵であろうと助けますから。いつものように必殺技のグレートホーンで敵をぶっとばすだけでは彼の愛情が伝わらないので、今回は違った形に描きました。

竹内:朴訥としていて、肉体派キャラであることを隠そうとしないとことが男らしい。余計なことは考えない点が清々しい。第7話で敵にビンタをかます演出には、僕も笑いましたが(笑)。

●双子座サガ

聖闘士星矢 黄金魂 Soul of Gold

善と悪の二重人格で、悪の人格が暴走し聖域を征服するも、一度死んで正義の聖闘士に戻った。双子の弟カノンがいる。必殺技:ギャラクシアンエクスプロージョンなど

竹内:彼はまるでぶれない。誰が敵であるかを確実にわかっていて、躊躇しない。だから水瓶座が裏切ったときに、容赦なくぶっ飛ばした。生前にいろんなことを乗り越えて、自分は善人ではないと知っているからあそこまでできるんでしょう。今作では、自分を正当化しようとせずに悪者を倒そうという割り切った感じを描きました。

●蟹座 デスマスク

聖闘士星矢 黄金魂 Soul of Gold

原作では極悪非道だったが、今作では人間味に満ちた側面が描かれている。必殺技:積尸気冥界波など

竹内:今作の陰の主人公ですかね。デスマスクは敵のボスであるアンドレアスに「お前は黄金聖闘士の中で一番弱い」と言われてしまうのですが、あれは戦闘能力のことではなく「人としてダメだ」という意味ですね。そんなダメな人間が恋をして、人が変わる。決して性根が直って改心したわけではなく、原作では極悪だった分、そういう人間味に溢れた面を出したかった。あと今回「積尸気冥窮波」という、敵を生かさず殺さずの状態にする新たな必殺技を披露しました。これまでは即死技のみだったのですが、そこにも彼の成長が表れているんじゃないでしょうか。もし「黄金魂」が1年シリーズだったら、そのうち1か月分くらいは蟹座に費やしていたかもしれません。

●乙女座 シャカ

聖闘士星矢 黄金魂 Soul of Gold

ブッダの生まれ変わり、「最も神に近い男」と呼ばれる。常に閉眼し小宇宙を蓄え、開眼時にとてつもない大技を放つ。必殺技:天舞宝輪など

竹内:男気というより、なんなのかな。相変わらず上から目線で、規格外に強い。そんなシャカも、慈悲深さを身につけたという点が最後に描かれています。

古田:神闘士バルドルとの対戦がすべてを物語っていますね。

●天秤座 童虎

聖闘士星矢 黄金魂 Soul of Gold

古の聖戦の生き残り。実年齢は261歳だが、女神の秘術により18歳の肉体を老体の中に温存していた。必殺技:廬山百龍覇など

竹内:童虎は原作でも意外と描かれていないことに気づき、作り込みました。どんなキャラなんだろうといろいろ考えた結果、蘇って一番ノリノリで新しい命を楽しんでいるのは童虎ではないかと。なんだかんだで熱い奴ですし、一番フルスイングで使いたいと思いましたね。

古田:聖闘士の中で最年長だけど、原作では若返った後に教皇シオンとちょこちょこ戦っていただけですからね。あとはサガに対してもリーダーシップがとれる。普段ならサガがボス格なのですが、童虎がいることで黄金聖闘士の中に新しい空気が生まれたんです。

●蠍座 ミロ

聖闘士星矢 黄金魂 Soul of Gold

蠍座の形に毒針を打ち込む技を得意とする。激情家だが、情に厚い。親友であった水瓶座の裏切りに戸惑う。必殺技:スカーレットニードルなど

竹内:ミロはわかりやすいヒーロー。「黄金魂」では自分たちが置かれている状況がわからず、上司である女神もいない。でも自分の小宇宙(コスモ)が戦えと言っているから戦う。これ以上格好いい奴はいないでしょう。アイオリアではなく、彼が最初にリフィア(物語の鍵を握る少女)に出会っていたら、きっと相手にしなかったでしょう。戦に女子供はいらん、というタイプに思えます。

古田:まっすぐな奴。アイオリアと似た肉体派ですが、「俺について来い」という潔さがありますね。

●射手座 アイオロス

聖闘士星矢 黄金魂 Soul of Gold

獅子座アイオリアの兄。次期教皇に指名されたことで双子座サガの嫉妬を買い、同じくサガに殺害されそうになった赤子の女神を伴って聖域を脱出。通りがかった日本人実業家の城戸光政に女神を託し、力尽きた。以降、逆賊の汚名を着る

古田:多くは語らないけど、「信念で戦ってきた」と堂々と言わせられるキャラです。扱いが一番難しかったですね。出たら一人で全部倒してしまいそうなので。

竹内:アイオロスは『聖闘士星矢』の中で一番正しいキャラです。「未来に託す」ために戦うという彼の行動原理は星矢シリーズの原点でもあり、『黄金魂』の大きなテーマです。敵のボスであるアンドレアスと真っ先に対峙したときの「自分ができなくても、仲間がやる」という台詞も、それを示しています。ちなみに見た目は大人ですが、実はあれで14歳なんです(※原作での死亡時の年齢)。当初は少年アイオロスのアイデアも出しましたが、今回はこのようになりました。

●山羊座 シュラ

聖闘士星矢 黄金魂 Soul of Gold

サガに従い、射手座アイオロスに深手を追わせる。手足に全てを切り裂く聖剣を宿す。今作ではアイオロス兄弟への贖罪に努める。必殺技:エクスカリバーなど

古田:彼は新たに受けた命を、生前にアイオリアの兄・アイオロスを粛清したことへの罪滅ぼしに使いました。そうした、義のために生きるところをちゃんと描きました。カミュ戦でも、「試合に負けて勝負に勝つ」という彼らしさが出ていたと思います。

竹内:彼は今回、一番贖罪をやっていたと思います。ちなみに彼はいつも、上役に恵まれないんですよね。

●水瓶座カミュ

聖闘士星矢 黄金魂 Soul of Gold

水と氷を操る聖闘士。周りの状況よりも己の哲学に沿って動く。今回は女神を裏切り、敵側につくが……。必殺技:オーロラエクスキューションなど

竹内:蟹座とは違う角度から、人間らしさを描きました。彼の場合は、それが愛ではなく友情。友人スルトの妹を死なせてしまったことへの罪滅ぼしというよりも、新たに受けた命を使ってスルトの魂を救いたいという思いが中心です。時間があったらもっとドラマが作れたはずなんですけど。スルトのために敵側についたことを女神に咎められたとしても、カミュはきっと友情を貫くでしょうね。

●魚座 アフロディーテ

聖闘士星矢 黄金魂 Soul of Gold

薔薇を武器に戦う。ナルシストに見えるが、実際には異なる。今作では物語において大きな役割を果たす。必殺技:ロイヤルデモンローズなど

竹内:視聴者はご存知のとおり、彼にはクライマックスで大役を担ってもらいました。見せ場を作れて良かったですね。

古田:今回、彼はいろいろ考えて行動していました。蟹座デスマスクが惚れた女のコが捕まった際には、デスマスクより早く現場に到着していますしね。

竹内:彼はおちゃらけたナルシストに見せかけて、裏でちゃんとヒーローとして動いている。なのに肝心のデスマスクが一歩遅れたせいで、悲劇が起きてしまった(第4話)。
本当にダメ人間なんですよ蟹座は。あれくらいのことが起きないと、己のダメさ加減に気づけなかったということです。

――『黄金魂』製作過程を振り返りながら、同世代のファンや視聴者に伝えたい言葉はありますか?

古田:そういったことは、特に意識していなかったのですが……最近のアニメは主人公自身があまり戦わない作品が多いですが、星矢のような拳と拳がぶつかり合うアニメがもっとあっていいと思います。今作をきっかけに、今の子供たちにも星矢の良さが広がって欲しいですね。

竹内:僕たち“星矢世代”も今や社会に出て、会社の過酷な環境に身を投じている人もいるでしょう。星矢の世界も実は少し似ているんですよね。周りに制止されても戦い、信念の為に厳しい闘いに身を投じる。改めて原作を読んで、会社のためには死ねないけど、家族や仲間、世界を救うためなら命を賭けれるかなと思えました(笑)。不条理だけど、なぜか熱いんですよね。今年の12月からは本格的に『聖闘士星矢』生誕30周年を迎え、しばらく「星矢祭り」ですから、同世代のファンにもおおいに楽しんでほしい。子供の頃に見たフィギュアも、今はだいぶ進化していますしね。今作をきっかけに、「星矢熱」が盛り上がっていけば良いと思っています。

聖闘士星矢 黄金魂 Soul of Gold

ついに12人の神聖衣が集結。黄金聖闘士は地上を救うことができるのか? 懐かしの「星矢」を見ながら晩酌もまた一興だ

(『聖闘士星矢 黄金魂 Soul of Gold』は全世界5000万PV突破を記念し、通常無料配信の第1話に加え、第2話~第11話を9月19日0:00~9月25日23:59までの間、無料配信中。急げ! 詳しくはhttp://saintseiya-gold.com/index.htmlまで)

<インタビュー:中野 龍/構成:安英玉(本誌)>

聖闘士星矢 黄金魂 -soul of gold- 3

原作・車田正美が魂を込め放つ、新たな“星矢伝説”

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中