日本の乱獲が原因で減ってしまった魚たち――水産資源を守るために必要なこと

漁獲量が激減しているの日本の漁業。水産庁はサンマやスケトウダラなど7種目に漁獲可能量の上限を設定しているが、実質的な意味はないも同然。水産資源を守るために必要なこととは?

◆日本の乱獲が原因で減ってしまった魚たち

日本の乱獲が原因で減ってしまった魚たち 太平洋クロマグロやマイワシ、サバ、アジ、ホッケなどといった魚は日本近海に産卵場を持っており、環境変動で一時的に減少することもあるが、国内で適切な漁獲規制をすれば持続的に利用できる資源である。

「’04年以降、最新鋭の魚群探知機を使い、産卵期のクロマグロを一網打尽にする巻き網漁が日本海で行われるようになりました。その結果、マグロの資源量が大幅に減ったことは乱獲が原因となる顕著な事例です」(水産資源問題に詳しい、勝川俊雄・東京海洋大学准教授)

収入が減って陸に上がった(廃業した)連中も多い 同様に日本近海で産卵をし、成長する前に獲りすぎてしまったマイワシ、サバやアジ、ホッケなども大きく漁獲量を減少させた。これらを扱う漁師からは、

「一回の漁に出る時間を2~3倍に増やしても、かつての半分も獲れない。収入が減って陸に上がった(廃業した)連中も多い」(青森の漁師)

「ホッケは漁獲量が10年で8割も減った。漁価は上がったが年収は半減した」(北海道の漁師)

などの悲鳴も聞かれる。

日本の漁獲量の推移

カツオ、マグロ、ホッケの日本の漁獲量の推移。カツオやマグロ類も減少傾向にあるが、なんとホッケは10年前の約17%しか獲れない状態に

◆国が指導して漁業の仕組みを変えるべき

 現状、日本では規制やルールが形骸化しており、自主的に漁獲量を抑えることは難しい状態にあるという。

「自主規制は利用する漁業者全員が顔見知りの小規模な資源には有効です。一方で、県をまたいで回遊する大規模資源は、利用者全員が集まって話し合う場すらないのだから、自主規制では守れません。国が責任を持って規制をする必要があります。手本となる国はいくつもあるわけですから参考にすればいい。少し魚を食べる量を我慢する必要はあるかもしれませんが、今ならまだ間に合います」(勝川氏)

 人の手で獲りつくしてしまったものは、人の手で取り戻していかなくてはならないのだ。

取材・文/高島昌俊 八木康晴(本誌) 取材・撮影/青山由佳 取材/森 祐介 写真提供/焼津漁業協同組合(一部)
― 世界で[日本の漁業]だけが衰退している!―

女性からみた「買ってはいけない夏のユニクロ」ワースト3を発表

MEN プリントシャツ(半袖)
 梅雨が明けたらいよいよ本格的な夏がやってくる。今年の夏は例年以上の暑さとも言われているが、だからこそ爽やかに夏服を着こなしたいもの。  数あるファス…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(8)
メンズファッションバイヤーMB
梅雨シーズンの「薄毛対策」3選…茶髪、湯シャン、サプリを実践してみた
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
トレーダー目線で検証!アベノミクスは「失敗」か「失速」か
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
忙しすぎるビンスの3つのアジェンダ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第120回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
好きな女性には「きれい」と言え。
大川弘一の「俺から目線」
それでもモヤシはいやねぇ――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
沖縄移住を実現する7つのプラン――世界を6周半した男の大提言
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中