恋愛・結婚

ホームレス風俗嬢、“店泊”を続ける女性が増えている理由

 寮完備&日払い可は風俗の求人広告の定番ウリ文句。だが、デリヘル全盛期の今、寮を持つ店が減り、“店泊”を続ける女性が増えているという。家なき風俗嬢たちの実態を取材した。

ホームレス風俗嬢

※画像はイメージです

住所不定の彼女らに、スカウトマンの殺し文句は「寮に入れるよ」


 貧困から風俗の世界に入る女性たちのなかには寮を当てに業界入りする女性も多かった。だが、デリヘル時代に突入し、寮を持たない風俗店が増えたことで状況は大きく変化している。都内でスカウト業を営む柴崎和馬氏(仮名・28歳)によると、

「特に23区内には寮のある店が減りました。24時間営業の振替店だと、女のコをずっと店泊させているケースが見られますね」

 振替店とは、プロフィール写真とはまったく別のコを派遣する風俗店のこと。当然のことながらリピーターはつきにくく、短期で閉めて屋号を変えてまた開店を繰り返すため、経費削減で寮を持たないケースがほとんどだという。

次のページ 
マンガ喫茶での待機代は自腹…

1
2




おすすめ記事