スポーツ

“レッスルマニア4”@トランプ・プラザ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第77回

WWEオフィシャルDVDのカバーフォト

“レッスルマニア4”はアンドレとデビアスの“ベルト売却事件”から空位となったWWE世界ヘビー級王座・新チャンピオン決定トーナメント(14選手参加)。オフィシャル・ポスターの表紙はホーガンとアンドレだった(写真はWWEオフィシャルDVDのカバーフォトから)

 “レッスルマニア4”は50選手が出場、全16試合がラインナップされた全編4時間超の“大作”だった(1988年3月27日=ニュージャージー州アトランティックシティー、トランプ・プラザ)。

 前々年の“レッスルマニア2”には“盲目のシンガー”レイ・チャールズ、前年の“レッスルマニア3”ではアリサ・フランクリンが弾き語りを披露したが、今大会のオープニングではソウルシンガーのグラディス・ナイトがリング上で“アメリカ・ザ・ビューティフル”を歌った。

 “レッスルマニア4”のロケーションとなったトランプ・プラザは“不動産王”ドナルド・トランプがオーナーをつとめる多目的インドア・アリーナ。アメリカの経済界ではトランプ財閥とビンス・マクマホンの急接近がウワサされた。

 今大会の目玉企画は、ハルク・ホーガンの王座転落―新王者アンドレ・ザ・ジャイアントからテッド・デビアスへの“ベルト売却”―王座ハク奪という一連の流れから空位となったWWE世界ヘビー級王座の新チャンピオン決定トーナメント(14選手参加)。トーナメント戦以外にはWWE世界タッグ選手権、インターコンチネンタル選手権など5試合がラインナップされた。

次のページ 
第1試合では――

1
2
3
ハッシュタグ




おすすめ記事