マネー

実物資産で実需もある「貴金属投資」。金・銀・プラチナでイチ押しは?

 アベノミクス相場も4年目になり、「マイナス金利」という3発目のバズーカも投入された。今すぐに始めたい、本当に儲かる投資だけを集めた。アベノミクス最後の大勝負の時だ!

実物資産で実需もある金・銀・プラチナが急騰&反転


ひろぴー氏

ひろぴー氏

「今年は金、銀、プラチナを買っておけばいい。中国発の世界的な金融不安は今年ずっと続きそうですから、世界景気の回復が本格化するまで、実物としての価値がある貴金属は買われ続けるでしょう」

 そう解説するのは弱冠30歳にして専業投資家への転向を果たした、ひろぴー氏だ。

「金は’11年に高値をつけてからずっと下げていましたが、超長期で見た高値・安値の半値で下げ止まり、反転上昇が始まっています。チャート的に見てもいい形です」

 貴金属のなかでもイチ押しは?

「高値からの下落率がより大きく、それだけ戻す余地も大きいのは銀とプラチナ。ただし、金融不安が続くなら円高ドル安になるでしょうから、円建てで買うと貴金属上昇の恩恵を受けにくい。ドル建てで買うのがオススメです」

⇒【グラフ】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1097953

銀価格

銀価格は’11年に50ドル弱の高値をつけてから下落トレンド入り。反転上昇の開始が濃厚だがまだ15ドル台と上昇余地は大きい。今から仕込めば爆益の期待も

次のページ 
プラチナにも注目

1
2
トレードは週1回! 少額でも月30万円儲かるビットコイン革命

20以上の実例チャート付きで初心者にもわかりやすい「ビットコイン取引」の入門書




おすすめ記事