スポーツ

“元祖”レーザー・ラモンがデビュー!――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第135回

WWEオフィシャル・マガジン

スコット・ホールが“にせキューバ人キャラクター”レーザー・ラモンに変身して大 ブレーク。やがて、このヒール人格がホールのプライベート・ライフまでテイクオー バーしてしまうのだった。(写真はWWEオフィシャル・マガジン1993年3月号表紙 より)

 レーザー・ラモンは、スコット・ホールがセルフ・プロデュースした“マイアミに住むキューバ人”だった。日本でレーザー・ラモンといえばレイザーラモンHG&RGのお笑いコンビをすぐに思い出すが、もともとアメリカン・プロレスのマニアだったふたりはこの“元祖”レーザー・ラモンからコメディアンとしてのキャラクター設定をインスパイアされた。

 ラモン、というよりもその正体のホールは1958年、フロリダ州オーランド出身。ラテン系ではなくごくふつうのWASP(アングロサクソン系プロテスタントの白人)で、“カミソリのラモン”なる人物像は完ぺきなフィクションだった。

 プロレスラーとしてのデビューは1984年。“名伯楽”ヒロ・マツダからレスリングの手ほどきを受けた。マツダ教室の弟子としてはハルク・ホーガンの後輩、レックス・ルーガー、ロン・シモンズらの先輩にあたる。

次のページ 
NWAフロリダ―NWAクロケット・プロをサーキット後…

1
2
3
ハッシュタグ




おすすめ記事