スポーツ

“元祖”レーザー・ラモンがデビュー!――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第135回

 ホールのなかではダイヤモンド・スタッドとしてWCWに在籍した1年間は“カミソリのラモン”に再変身するまでの準備期間になっていた。1992年、WWEと契約と同時にホールはリングネームをレーザー・ラモンに改名し、身も心も“キューバ系”に生まれ変わった。出身地はアバウトに“カリブ海”ということにしておいて、アメリカと仲の悪いキューバのイメージを巧みに演出した。  WWEはリング上でのデビューをまえに“海外ロケ”のプロモーション・ビデオでレーザー・ラモンを売り出した。カリブ海のとあるビーチで果物を売る屋台からリンゴを盗み、口に含んだリンゴを屋台の親父の顔に吐きかけるというシーンは、のちにプエルトリカンのカリートのトレードマークになったが、じつはこのコンテはレーザー・ラモンがオリジナルだった。  レーザー・ラモンのもうひとつのビジュアル的なこだわりは、ショートタイツ、ニーパッド、リングシューズの3点セットをつねに同じ色で統一するというリック・フレアー流のワードローブだった。フレアーのマネをしてみたら、フレアー本人がスーパースターとしての身のこなしをこまかくレクチャーしてくれた。  “カミソリのラモン”に変身したホールは、“大型新人”としてのデビューから10年めにしてようやくWWEの“おもな登場人物”の仲間入りを果たしたのだった。(つづく)
斎藤文彦

斎藤文彦

※この連載は月~金で毎日更新されます 文/斎藤文彦 イラスト/おはつ ※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス講座」と書いたうえで、お送りください。
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事