スポーツ

近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)

WWEオフィシャル・パブリシティ・フォト

近未来の超大物ハンター・ハースト・ヘルムスリー=トリプルHがWWEと正式契約を交わしたのは1995年3月。ショーン派閥クリックはトリプルHをあっというまに派閥にひっぱり込んだ。(写真はWWEオフィシャル・パブリシティ・フォト)

 近未来の“超大物”ハンター・ハースト・ヘルムスリー、つまり現在のトリプルHがWWEと正式契約を交わしたのは1995年3月。TVマッチに初登場したのは同年5月のことだった。

 トリプルH(本名ポール・レベック)は1969年7月、ニューハンプシャー州ナシュア出身。“キラー・コワルスキー道場”でレスリングを学び、1992年3月にボストンのインディー・シーンでデビュー。デビュー当時はテラ・ライジングというリングネームを名乗っていたが、翌1994年にWCWと契約しジャン・ポール・レベックに改名。ブルー・ブラッド(貴族出身)というキャラクターを演じた。

 コネティカット州グリニッジ生まれ、イングランドの特権階級の血をひくハンター・ハースト・ヘルムスリーというキャラクターはWCW在籍時代のそれの“焼き直し”ではあったが、WWEはキャリア2年のルーキーだったトリプルHのTVデビューにそれなりの時間をかけた。

次のページ 
トリプルHが“マンデーナイト・ロウ”に初めて登場したのは…

1
2
3





おすすめ記事