デジタル

若き天才・藤井聡太四段に触発されたあなたにピッタリの将棋アプリ

ゲームコラムニスト・卯月鮎の絶対夢中★ゲーム&アプリ週報


卯月鮎

卯月鮎

 羽生善治三冠(現在)が将棋タイトルの七冠を独占したのは1996年のこと。ドラマ『ロングバケーション』が大ヒットし、夏にはアトランタオリンピックが開催された年でした。

 当時は「今後100年は、こんな天才にお目にかかることはないだろう」と言われていましたが、なんと中学生にして「いずれ七冠を獲るかもしれない」と期待される新星が現れました。14歳2か月という最年少記録でプロ棋士になった藤井聡太四段です。その活躍は、連勝を伸ばすたびにワイドショーでも取り上げられるほど。

 この若き天才の出現に触発されて、「久々に将棋でも指すか!」と思った人も多いはず。そこで、今回は初心者でも、久々の人でも、中級者でも楽しめる、実力派の将棋アプリ2本を紹介します。

本格派対局将棋 ぴよ将棋
iOS、Android/STUDIO-K Infinity/基本プレイ無料

若き天才・藤井聡太四段に触発されたあなたにピッタリの将棋アプリ

ぴよ将棋

 まずは、ひよこのアイコンがかわいらしく、初心者にもとっつきやすい『ぴよ将棋』です。対戦するコンピュータも「ピヨ太」「ひよよ」「ピヨ帝」……とかわいい名前ですが、将棋はいたって真面目な本格派。AIのレベルが20段階に分かれているので、弱いレベルから順々に慣れていって腕を磨くことができます。レベル20の「ピヨ帝」はアマ2~3段の強さ。「待った」なしで勝てるようになれば相当な実力です。

 基本的にはシンプルな作りでサクサク遊べますが、コンピュータが採用する玉形が選べたり、棋譜解析でどれが悪手だったか分析できたりと機能面が充実しているのもポイント。

 通信対戦はないものの、2人で向き合って1台の端末でプレイヤー同士の対局ができるのも地味に嬉しい点です。リアルな将棋盤でコマを並べるよりも手軽なので、旅行のお供としてもピッタリ! オフラインでも遊べます。

次のページ 
もう1本は、問題数約9000問の詰将棋アプリ!

1
2





おすすめ記事