エンタメ

SKE48「脱ぎます」宣言で総選挙は“第一党”目指す

「SKE48は脱ぎます! ファンの方が求めてくださるのなら、それに応えるのがアイドルだと思う」。そう木本花音が、水着グラビアの仕事について思いを語る。

 5月11日、アイドルグループSKE48の公式ムック「100%SKE48 VOL.3」(白夜書房)の発売記念イベントが行われ、メンバーの大場美奈、木本花音、古畑奈和が出席した。

 VOL.1の松井珠理奈、VOL.2の北川綾巴に続き、今作の表紙に起用された古畑は、「この雑誌はいまのSKE48が100%詰まってるので、そこで表紙ができるってことが、どれだけすごいことか…」と喜びのコメント。

「この期間だけはSKE48の顔として、書店に出るということで緊張しているんですけど、この幸せと嬉しさを感じています。最初は松井珠理奈さんがSKEの顔として表紙になったけど、この期間だけは珠理奈さんを越えてるなって気持ちがあって……」(古畑)

 この古畑の歯切れの悪いコメントに対し、大場が「大丈夫だよ!」と励ますと、古畑は「やっぱり(松井が)怖いので……ほんと、この時期だけです!」とあくまで期間限定の“SKEの顔”であることを強調した。

「この本の中で特に見てほしいページはどこか」という質問に対し、古畑は「大場美奈さんのグラビアです。自分が25歳になった時に、この可愛さは出せないと思う」と答えると、それを受けて大場は「このグラビアは、25歳の誕生日当日に撮影してもらったので、“超25”です!」と不思議なアピールをした。

 同じく、同書のグラビアページに登場している木本花音が「グラビアをやると、ファンの方がすごい喜んでくださる」と語る。そこへ「坂道グループは脱がないけど、SKEは…?」と他のグループと比較する質問を投ぶと、木本が「SKEは脱ぎます!」と即答。

「坂道グループの勢いがすごかったり、私達の目指すところにはAKB48さんもいるので、いい意味で越えていくためには、脱ぐこともします! でも、適度にですよ。そんなにバーンって脱ぐわけじゃなく。ファンの方が喜んでくださるのであれば、できるところまではやっていきたいと思います」(木本)

 最後に、報道陣からは6月に控えた「第9回 AKB48選抜総選挙」への意気込みを聞かれ、それぞれがこう語った。

「今年は最後の総選挙にしますと言っていて、ファンの方も頑張ってくださっているので、今までのどの総選挙よりも前向きな気持で挑めています。SKE48としても、去年とれなかった“第一党”をとって、大きいことをやりたいです」(木本)

「CMで歌わせていただいたり、今回も表紙に出していただいたり、今年は今までとは違う何かが自分に起こっていると感じています。この波に乗り遅れないように、選抜を狙っていきたいです」(古畑)

「去年、最後にすると言って参加したのに、終わったあとすぐに撤回して、ファンの方を動揺させてしまって申し訳なかったです。そろそろ後輩に示せる背中になりたいという気持ちもあるので、真面目にコツコツやってればここまで来れるよっていうことを、選抜に入って示したいです」(大場)

 喜んでもらえるなら水着も辞さないというサービス精神が、総選挙での選抜入りやSKEの“第一党”への返り咲きという形で実を結ぶのか。6月の結果に要注目だ。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1331253

取材・文・撮影/森 祐介

100%SKE48 Vol.3

SKE48公式ムック『100%SKE48』第三弾。テーマはズバリ……愛!!!!




おすすめ記事