雑学

金運があがる「1億円札」のつくり方

◆ライターAが挑戦!一億円札を手作りして金運を引き寄せる!

 正直、効くかどうかわからないグッズに大枚をはたきたくない。パワースポットにわざわざ出向くのも面倒だ。守銭奴かつモノグサな筆者が、手作り一億円札に挑戦してみた(作り方は下参照)。一億円札を財布に入れると、豊かさの波動が伝わって金運が上がる、というおまじないだ。丁寧に扱わなければ効果が薄れるのが願掛けモノの常。どうせなら最高に美しいマイ一億円札をと燃えるも、お札をキレイに折るのは案外難しい。そして、完成した一億円札をホクホクしながら眺めていると、だんだん普通の一万円札の0の数が少ないように感じてきた。このおまじないの狙いはまさにここにあり、一億円札を持ち歩くことで、大きなお金を特別視せず扱えるようになり、大金が自分に巡ってくる準備が整うという仕組みなのだそう。

 持ち歩いて一週間。恩恵といえば、自販機でおつりが100円多く出てきたことくらいのもの。それっぽっちの効果しかないなんて、一億円札のイケズ。今の私は一億円のことを全く特別視していないのに。カモン金運!

【一億円札の作り方】
一万円札の裏面の左端約2cm分を手前に谷折りし、1と0の間に折り目をつける。その状態でお札を表にして、表側左端の「10000」と、先ほど折り目をつけた部分とが並び、0が8つになるように折る。正面から見て右側に出ている部分を後ろに折り込んだら完成。同様に千円札で百万円札を作り、財布の一万円札を挟むように入れておく
※【拡大画像】はこちら⇒http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=133689

【参考にした本】
はづき虹映著『お金に愛される魔法のお財布 一瞬で金運がアップする80のヒミツ』(永岡書店)は、一億円札の作り方のほか、お金が貯まる財布の使い方が多数紹介されている

取材・文・撮影/朝井麻由美 取材・文/江藤ちふみ 田山奈津子 奈良岡崇子(本誌)

― 金運だけUPする秘術大全【11】 ―

お金に愛される 魔法のお財布

絶対お金に愛される80のヒミツを紹介。




おすすめ記事