雑学

ひろゆきが嘆く省庁の事情――総務省の求人募集が大炎上、高度専門職なのに日給8000円…

― ひろゆきのネット炎上観察記 ―

▼高度知識要求でも低待遇総務省求人募集が大炎上

 総務省サイバーセキュリティ課の求人の待遇が酷いとネットがザワついている。ネットワーク運用や構築の実務経験を有する求人にもかかわらず、日給8000円(通勤手当なし)だったからだ。この募集にネット上では「保育士とか介護士のほうが遥かに高そう」「高度人材を1300円(時給)とか、舐めてるの? 都心のスーパーの夜勤でそれくらい」など非難が殺到

省庁の謎

画像は、総務省の公式HPより

内製だとお金が出せないのに外注だと高額発注可な省庁の謎


 総務省のサイバーセキュリティ課が情報通信ネットワークに関する専門的知識と実務経験を有する人材を日給8000円で募集して物議を醸しているようです。

 この人材って、まっさらのオフィスで、プロバイダー契約して社内にデータセンターをつくってサーバ並べるとかができるレベルなので、東京のIT関連企業なら最低年収500万円以上が保証される感じなんですけど、募集要項通りだと年収194万円くらいなんで、案の定、叩かれているみたいなのです。

 もちろん総務省サイバーセキュリティ課もバカではないので、この募集がやばいってのはわかっていると思うんですけど、だからといって年収1000万円で人材を募集すると「コンピュータを触っているだけで、高級官僚と同じ額の給料なんてけしからん!」って考える層から文句が来まくりそうですよね。。。なので、セキュリティに詳しい内部スタッフが欲しいけど、費用は出せないっていう無いものねだりになってしまっているわけです。そんな感じで、市場価値が高い人であっても基準以上の給料が出せないという仕組みの問題もあったりします。

次のページ 
優秀な人を見極めることができない

1
2





おすすめ記事