スポーツ

チャイナ 人生はローラーコースター――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第86話>

チャイナ 人生はローラーコースター<第86話>

連載コラム『フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100』第86話は「チャイナ 人生はローラーコースター」の巻(Illustration By Toshiki Urushidate)

 ニックネームは“世界の9番めの不思議The 9th wonder of the world”。

 “世界の七不思議”のあとにくる“8番めの不思議”がアンドレ・ザ・ジャイアントで、チャイナは“9番めの不思議”というポジションになっていた。

 WWEのリングでほんの一瞬だけ輝き、あっというまに消えた、文字どおり不思議なスーパースターだった。

 そのプロフィルにはミステリアスな部分が多い。生まれはニューヨークで、ホームタウンはニューハンプシャー州ロンドンデリー。家族は母ジャネット、姉キャシー、兄サニーと数人の義父たちとされる。

 16歳のときに家を出て、国連の奨学金制度を使ってスペインに留学。1992年、タンパ大学を卒業(専攻はスペイン文学)。大学卒業後にニューヨークでフィットネス・モデルとなり、その後、ボストンの“キラー・コワルスキー道場”でプロレスを学んだ。

 自伝本『イフ・ゼイ・オンリー・ニューIf They Only Knew』にはチャイナの半生がつづられているが、チャイナ自身が一人称で語るさまざまなストーリーはノンフィクションとフィクションのブレンドといわれ、ディテールがひじょうにあいまいなタッチになっている。

 もともとプロレスファンというわけではなかったのだろう。ボディービルダーだったチャイナは「男と闘う女子プロレスラーになるため」にプロレスを選択し、電話帳で“コワルスキー道場”を調べた。本のなかでは師匠コワルスキーが――かつて一世を風びしたスーパースターではなく――変人として描かれている。

 できるだけ正確なデータをつなぎ合わせてみると、1996年9月にボストンのインディー団体IWFでジョーニー・リーのリングネームでデビューし、それからわずか5カ月後の1997年2月にWWEのリングに初登場しているから、かなりスピード出世だった。トリプルHの“女性ボディーガード”というキャラクターはWWEがプロデュースした。

 チャイナに変身してから3年後に『PLAYBOY』誌(2000年11月号=9月発売)のカバーガールとなり、センターフォルド・グラビアでヌード写真を公開した。

 自伝本『イフ・ゼイ・オンリー・ニュー』がリリースされたのはそれから3カ月後の2001年1月。チャイナはきわめて短い時間でいきなりスターダムにかけ上がった。

次のページ 
別人のように変化したチャイナ

1
2
※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス読本」と書いたうえで、お送りください。

※日刊SPA!に掲載されている「フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー」が『フミ・サイト―のアメリカン・プロレス講座』単行本になり、電波社より発売中です

フミ・サイトーのアメリカン・プロレス講座 決定版WWEヒストリー 1963-2001

WWEはいかにして世界を征服したのか?幾多の危機を乗り越え、超巨大団体へと成長を遂げたその歴史を克明に描く「WWEの教科書」




おすすめ記事