雑学

「日本でも医療大麻を解禁に」末期がん患者の切なる思い

 海外では合法化が進む医療用大麻。特に老人が使用し、多くの病を克服。文字通りハッピーな老後を送っているという。医療大麻について、長年にわたって取材を続けているジャーナリストの矢部武氏は、大麻が老人たちの生活に与えるそのめざましい威力を実際に見聞きしてきた。

ハッピーな老後は大麻でキマり「医療大麻はカナダ、ドイツ、オーストラリア、イスラエル、アメリカ(29州)など主要先進国の多くで合法化され、がん、てんかん、多発性硬化症、緑内障、関節炎などの治療に効果を上げています。大麻を吸って病気の苦しみや痛みから解放され、ぐっすり眠れて気分もよくなり、誰もがハッピーな老後を送っているんです」

 矢部氏の取材ノートは、数多くの医療大麻体験者の驚きと喜びの声であふれていた。

医療大麻解禁を求め日本では裁判に


 日本人は、小さい頃から「ウチはウチ、ヨソはヨソ」としつけられている。海外の老人や病人たちが、医療大麻の煙に包まれながら豊かな生を楽しんでいるのを横目に、我々は苦痛を噛み締めながら生き、我慢しながら死んでいくしかないのだろうか。

「実は日本でも医療大麻の解禁を求める動きは強まっています。’16年3月に末期がん患者の山本正光氏(58歳)が、治療のための大麻使用を求めて日本初の裁判を起こしています。最良の治療を求める重病の患者から、医療大麻を取り上げてしまう大麻取締法は、生存権などを保障した憲法13条に反するというのが主な論点でした」

 山本氏は提訴後わずか4か月で亡くなったため判決には至らなかったが、この裁判以来、日本の重病患者の間では医療大麻への関心が沸騰しているという。

「がんや多発性硬化症などを抱えた日本の患者が、アメリカへ行って医療大麻を試しに使ってみる『医療ツーリズム』の試みも始まっています。その中には、帰国後に厚生労働省の担当者と面会して『例外的に医療大麻を認めてほしい』と訴えた患者もいると聞きます」

 今後、高齢化社会の進展に合わせ、医療大麻を切実に必要とする人間は増加するだろう。そのとき日本の司法と医療は、「ダメ、絶対」の呪縛から逃れられるだろうか。

<構成/SPA!大麻問題取材班>
― ハッピーな老後は大麻でキマり ―


ハッシュタグ




おすすめ記事