エンタメ

山本彩 卒業後の主役は彼女たちだ! NMB48がTIF初参戦

 8月3日(金)から3日間、東京・お台場青海エリアで開催されている「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」。2日目(4日)には、HOT STAGEにNMB48が登場。今年ついに初参戦した彼女たちが“NMB魂”を爆発させた

NMB48 参加メンバーは、ドラフト1期生、ドラフト2期生、5期生の若手16人。「カトレア組」と名付けられた彼女たちは、ステージに登場するやいなや「イビサガール」「サササ サイコー!」「僕らのユリイカ」を畳み掛け会場のボルテージを上げた。蛍光色の衣装をエネルギッシュなダンスが揺らし、一層パワフルなステージに。若手とはいえNMB48の代表である彼女たちの、意気込みがパフォーマンスにあらわれていた。

NMB48「(私たち)かわいいですか?」(植村梓)、「かわいいよー!!」(ファン)などのMCのやり取りを経て、その後は、「ナギイチ」「北川謙二」「らしくない」「ドリアン少年」「ワロタピーポー」と立て続けに披露した。「ナギイチ」のイントロが聞こえた途端、ボルテージはMAXに。ファンによる息の合ったコールが会場を包んだ。

 そして、ラスト曲「青春のラップタイム」へ。センター・山本彩加は、髪飾りを吹き飛ばさんばかりの全力ダンス! まるで、NMB48魂がなんたるかを見せつけているようだった。そんな山本は、最後のあいさつで先日卒業発表をした山本彩について、悲しみを伝えながらも「これからは私たちが、NMB48を引っ張れる存在になりたいです!」と語気を強めて宣言。ファンから温かい拍手を受けていた。

NMB48 さわやかな青春ソングや、熱狂必至のアッパーソングなど。とことん盛り上がれる曲で攻めたカトレア組。彼女たちが作り出した明るく元気な雰囲気は、NMB48の未来を築くだろう。

取材・文/松本まゆげ 撮影/林 紘輝(本誌)





おすすめ記事