エンタメ

若者が「テレビはつまらない」って言うのは当然。ディレクター岡宗秀吾のテレビ論

「テレビがつまらなくなった」といわれる昨今。でも、本当にそうなのだろうか? さまざまなメディア、デバイスが登場し、動画コンテンツが溢れる今だからこそ、ちょっと真剣にテレビを見てみませんか? きっと、テレビはめちゃくちゃ面白いはずですから。

岡宗秀吾

フリーディレクターの岡宗秀吾氏

●フリーディレクター岡宗秀吾氏……’73年生まれ。現在は『石橋貴明のたいむとんねる』を演出、代表作にDVD『全日本コール選手権』シリーズ、『とにかく金がないTVとYOU』『BAZOOKA!!!』など。著書に『煩悩ウォーク』(文藝春秋)。週刊SPA!にて新連載「煩悩ウォッチ」がスタート

『元気が出るテレビ』で学んだ“面白さ”


 全国の大学サークルが飲み会のコールを競い合う『全日本コール選手権』など、独自の目線で人気コンテンツを世に送り出してきた岡宗秀吾氏。業界でも異彩を放つ彼のルーツには、さまざまなカルチャーや人物の存在があった。

「’95年の阪神淡路大震災をキッカケに東京に出てきたんですけど、その前から先輩のスチャダラパーやヒップホップの人たちと仲良くしてもらってて。ヒップホップカルチャーだと、仲間の中にビデオを撮れるヤツがいたり、洋服を作るヤツがいたり、DJがいたり、いろんなヤツがいるんですけど、そういう友達付き合いの中で、MVを撮っていた先輩のタケイグッドマンを見て『ビデオを撮って飯を食う道があるんだ』って知ったんです。

当時、タケイ君がビースティボーイズのビデオを撮っていたので、普通にメンバーが遊びに来たりしていて。そういう人たちがたくさん周りにいたんですけど、特に意識せず一緒にいましたね。自分に何かあるとすれば“人の運”だと思います」

 岡宗氏が業界に入るキッカケとなった番組は、先輩に紹介された『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』。ADとして面白さとは何かを学んだ。

「番組に出てもらう素人をどれだけ連れてこられるかが、ADの一番の仕事だったんです。それをやっているうちに、素人の“予定調和を崩す笑い”っていうものの面白さに気づいて、のちの『全日本コール選手権』や『高校生RAP選手権』に繫がったんだと思います。

自分はストリートカルチャー出身のディレクターっていう認識があって。だからメインストリームにいるつもりも興味もまったくないんです。テレビの中の激動に巻き込まれずに『知~らね』って感じでいたいんです(笑)」

 独自のスタンスを貫き続ける岡宗氏。昔から番組を制作するうえで大切にしている信念があるとか。

「ストリートカルチャーとメインカルチャーの間の“通訳”のつもりでいます。自分の中の本棚から『この本をこう読めば喜んでもらえるかな』と思えるものを選んで、読んでいる気持ちです」

次のページ 
若者が『テレビはつまらない』って言うのは…

1
2





おすすめ記事