雑学

コスパ最高!丸亀製麺の飲み放題セットで「べろべろに酔う方法」を試してみた

群雄割拠する安酒場。お得においしく飲める酒場はどこなのか!? 安酒場好き180人へのアンケートと、酒場通の著名人の意見をもとに、1500円でコスパよく酔えるお店をジャンル別に決定。今回は、地方のロードサイドやショッピングモールのフードコートなどでも見かけるセルフうどんチェーン「丸亀製麺」でせんべろ飲みを行った。

丸亀製麺

ファストフード第1位、丸亀製麺では1500円でこれだけ注文できる


 ちょい飲みブームの火つけ役ともなった吉野家の「吉呑み」をはじめ、最近はお馴染みのファストフード店でも、せんべろできる店が増えてきている。例えば、立ち食いそばチェーンの「富士そば」が展開する「ふじ酒場」や、ワインやレーベンブロイ生を300円(+税)で提供している「フレッシュネスバーガー」の「フレバル」、寿司1貫75円(+税)、サワー類380円(+税)の立ち食い寿司「魚がし日本一」と、普段よくランチで利用しているような店でも気軽に、安酒とうまいツマミを楽しむことができるのだ。

 その中でもコスパが良すぎるのが、「丸亀製麺」が実施している飲み放題セット。一部店舗限定だが、うどんや一品料理に、惣菜or天ぷらが2種、それに生ビールやレモンサワー、焼酎(芋・麦)30分飲み放題がセットとなって1000円から楽しむことができる。

油淋鶏セット(1100円)

油淋鶏セット(1100円)

おろし醤油うどん

おろし醤油うどん(380円)

 店舗や時期により、多少値段やセット内容は変わってくるが、8月上旬に取材した中野セントラルパーク店の場合は、メインがうどんまたは親子とじから選べる「A・うどんセット」(1000円)、「B・油淋鶏セット」(1100円)、「C・牛もつ豆腐」(1200円)の3つが用意されていた。1500円の予算なら、Bのセットにおろし醤油うどん(380円)を追加すれば、大満足のボリュームになる。油淋鶏も揚げたてで美味だ。

 ただし、飲み放題の時間が30分と、とにかく短いので、少しでも多く飲むには、喉がカラカラの状態で入店し、まず最初の一杯は一気に飲み干して、スピーディに2杯目へ突入したい。飲み放題タイムの30分内は、料理は箸をつける程度に抑えて、アルコール(できれば原価の高いビール)を飲み続け、飲み放題タイム終了後にゆっくりと食事に取りかかると効率がいい。

ジョッキ

ジョッキ類は冷蔵庫の中でキンキンに冷やされているところにホスピタリティを感じる

 取材当日の惣菜は枝豆のみだったが、量が多くて満足度が高かった。天ぷらは、自分で好きな種を選ぶことができるので、高価格帯の海老天(150円)や、きす天(140円)をチョイスしたほうがお得だが、ボリュームを重視するなら、野菜かき揚げ(130円)がオススメ。トッピングコーナーには、無料の揚げ玉やネギ、胡麻などがあるので忘れずに。

●ファストフード飲みのコツ
サクッと気軽に飲めるのが利点。飲み会前の「ゼロ時会」に利用するのもアリ

<丸亀製麺、1500円でこれだけ注文できる!>
アルコール 飲み放題(30分)
油淋鶏セット 1100円
おろし醤油うどん 380円
合計1480円(税込み)

取材・文/週刊SPA!編集部
― 1500円でべろべろに酔う ―




おすすめ記事