エンタメ

『今日から俺は!!』も話題に! 福田雄一監督作品はなぜ面白いのか?

 映画『銀魂』の大ヒットなどで知られる脚本家でドラマ演出家・映画監督の福田雄一。映画、ドラマ、舞台と幅広くマルチに活躍する彼が脚本・監督を手がける現在放送中のドラマ『今日から俺は!!』(日曜22:30~日本テレビ系)が今、注目を集めている。

今日から俺は!!

画像:日本テレビ『今日から俺は!!』公式サイト

 ’80年代に一世を風靡した西森博之のツッパリ漫画を原作に、転校をきっかけにツッパリデビューした高校一年生・三橋貴志(賀来賢人)と伊藤真司(伊藤健太郎)が繰り広げる青春模様をコミカルに、ときに真面目に描いたこの作品。

 主題歌が嶋大輔の『男の勲章』である時点でSPA!世代直撃の懐かしさだが、ドラマオリジナルキャラであるのをいいことに、どう見ても金八先生そっくりの風貌でボケ倒す教師・椋木(ムロツヨシ)や、真司の前ではとんでもなく猫を被る白目が得意なスケバン・京子(橋本環奈)といったキャラのアクの強さもいちいちツボにハマる面白さだ。

 加えて小栗旬、城田優(第1話)、柳楽優弥(第3話)といった映画やドラマの主役級の俳優が贅沢にもちょい役でゲスト出演。さらには現在ムロが出演中のTBSのドラマ『大恋愛』のタイトルを次回予告で大胆に使用するなど、良い意味での“悪ふざけ”もパンチが効いている。

 登場人物がどんなハジケた演技をするのか、次に誰がゲストで出て来るのか、どんなネタと笑いをぶっ込んでくるのか、回を追うごとに気になるのである。

俳優の新たな魅力を引き出す“福田マジック”


 福田作品の特徴のひとつは、俳優たちが実にのびのび&イキイキとしているという点。

『今日から俺は!!』では、主演の2人、マドンナ役の清野菜名、橋本環奈はもちろん、他局のドラマであることを無視して思い切り金八先生になりきるムロツヨシや、福田組の常連である佐藤二朗、さらにはベテラン・吉田鋼太郎まですべてのキャストが非常に自由でリラックスした空気感を漂わせており、肩ひじ張らずにドラマ世界を楽しめる雰囲気があるのだ。


 また、山田孝之主演の『勇者ヨシヒコ』シリーズではどう見てもドラクエのコスプレにしか見えない勇者の衣装を真面目な表情で堂々と着こなす山田や、映画『銀魂』では白目を剥きながら鼻くそをほじる橋本環奈など、男女問わず他の出演作では見せない演技を福田作品では披露している。

 その穏やかな表情とは裏腹に、撮影現場では非常に“笑い”に厳しいと言われている福田監督。その厳しさゆえに「この人になら自分のすべてを任せられる」と俳優に思わせる安心感があるのだろう。山田孝之、小栗旬、柳楽優弥などクセのある俳優たちを、彼らの持ち味を損なわないよう使いこなす手腕はさすが。それもひとえに俳優と監督との“信頼関係”の賜物に他ならない。

 もう一つは繊細なコメディセンス。とかく漫画原作のドラマや映画は熱心なファンからの徹底チェックに晒されがちだが、福田作品の場合、バッシングの声はほとんど聞かれない。これは、原作漫画のエッセンスを上手に残していることの証拠でもある。

 ハズしてはいけない本筋を大切にしつつ、マニアックで細かいギャグをストーリーを乱さない程度に絶妙に散りばめるバランス感覚が見事なのだろう。パッと見ではわからないが、監督の頭のなかではおそらく相当綿密に計算されていると思われる。

次のページ 
そのほかにオススメの福田ドラマは?

1
2





おすすめ記事