エンタメ

TV業界人が注目する秋ドラマ『あな番』に続くのは…

 今年の夏ドラマでは『あなたの番です』(日本テレビ系)『凪のお暇』(TBS系)などが話題を集めたが、10月から放送される秋ドラマの注目作は一体どれなのか?  各局のラインアップとともに業界関係者たちに「本当に見たい作品」を聞いてみた。

“あの大ヒット作”の続編が帰ってくる……けれど?

 秋ドラマの特徴として「復活」がキーワードとなっている。 『相棒』『ドクターX ~外科医・大門未知子~』『科捜研の女』(いずれもテレビ朝日系)といった人気シリーズや『まだ結婚できない男』(フジテレビ系)『時効警察はじめました』(テレビ朝日系)などのヒット作の続編が相次いで放送されるのだ。また、数多くの高視聴率ドラマで主演を務めてきた木村拓哉にとって1年半ぶりとなる連続ドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)も放送。こちらも視聴率男・キムタクの“復活”が期待される一作だ。  そんな中で、まずはプロデューサー陣に秋ドラマのおススメ作品を聞いてみた。キー局で深夜ドラマなどを手掛けてきた40代プロデューサーはこう語る。 「なんと言っても『グランメゾン東京』(TBS系、日曜午後9時~)でしょう。前枠の『ノーサイド・ゲーム』も好調だった安定の日曜劇場でキムタク主演ですから。15%前後の視聴率は期待できると思います。鈴木京香や及川光博といった他のキャストも豪華で“大人のドラマ”としては申し分ないですが、問題はストーリー面ですよね。キムタク演じる型破りなシェフがどん底から再生するまでを描くといった内容がいつも通りと言われかねないですが、脚本を担当するのが映画『LIAR GAME』や『キングダム』の黒岩勉。きっとスピード感のある作品になるはずです」 「他の続編モノは1話目がカギになってくるかなと思います。『時効警察はじめました』(テレビ朝日系、午後11時15分~)は、新しくキャストに加わる吉岡里帆が世界観を崩さなければいいんですが……正直心配ですよね」  別のキー局の若手プロデューサーは、こんな作品をおススメ作に挙げた。 「どの局も人気ドラマの続編が多くて守りに入ったなという印象です。その点でいうと、オリジナルが多い日本テレビさんは攻めているなという印象です。特に期待しているのが『俺の話は長い』(日本テレビ系、土曜午後10時~)。生田斗真がウダウダと言い訳ばかり話すニートに扮するホームコメディらしいですが、アニメ『ちびまる子ちゃん』や『ドラえもん』のように2本立て方式で構成するスタイルなんです。飽きっぽい若い視聴者層には刺さる手法なのかなと思っています」
モトカレマニア

画像:モトカレマニア(フジテレビ)

「また、前枠の『ルパンの娘』もまずまずの数字をマークしたこともあり、同様にコメディタッチを楽しめる『モトカレマニア』(フジテレビ系、木曜午後10時~)も注目しています。高良健吾の演技がハマればヒットもあると思います」
次のページ 
「あな番」に続く考察ブームが起こりそうなのはあのドラマ!
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事