エンタメ

女性シンガーソングライターの貧乏生活「週7でバイトしても食パンしか食べられなかった」

 音楽業界で成功するまでの道のりは長く険しい。それでも多くの若者たちが、いつの日かブレイクすることを夢見て、活動を続けている。

 歌手を目指して東京に出てきてから早10年。155cmの小さな身体からは想像もつかないパワフルなロックを歌い上げるシンガーソングライターの下舘夏希さん(30歳)。可愛らしい笑顔と赤髪がトレードマークで、ファンからは“ダテシモちゃん”の愛称で親しまれる。明るく見える彼女だが、実際どんな生活をしているのだろうか。

下舘夏希

シンガーソングライターの下舘夏希さん(30歳)

路上ライブでは食えず、バイト三昧な日々


 東京都内の某所。最寄り駅から彼女に連れられ数分、到着したのは築数十年は経っているであろう灼けたアパートだった。六畳一間の部屋。ど真ん中には、せんべい布団が敷かれている。インタビューを始めようとすると、「よろしければどうぞ」と水が出された。普段は水しか飲まないという。

「もともと実家が貧乏だったんですよ。両親が若くして結婚したから、結局は離婚してしまって。ママはシングルマザーで私を育ててくれたんです。札幌のボロアパートで弟とママと3人暮らし。ボロすぎてドアが凍ってしまって、ガスも止められていたから隣の家にお湯を借りに行ったこともありました。生活保護を受けていて、パートの給料日前にはママが500円握りしめて『コレを何倍かにしないと今月は生きていけない』なんて言いながらパチンコ屋に向かい、5000円にして戻ってきたこともありました(笑)。だから、慣れっこなんですよ」

 そう言って自身の生い立ちを笑い飛ばす彼女だが、幼い頃から作詞が趣味で、いずれ「音楽で有名になりたい」という夢を抱いた。20歳の時、エンターテインメントの本場・アメリカに行こうと考えていた……が、資金が足りず行き着いた先は東京だった。芸能事務所のオーディションを受け、合格するも月にレッスン費用が3万円かかるという条件。

「当時はまだ芸能事務所のことがよくわかっていなかったので。とりあえず、所属はしました。一応、事務所に1人は有名な子がいたし、費用はかかるけど実際にレッスンは受けれたから。まぁ、いいかなって。でも1年ぐらい経っても何にも仕事がなくて……。やっぱり大手の事務所に入らなきゃダメだなって思いました」

 レッスン費用のかかる事務所を1年で辞め、21歳~24歳まで路上ライブをしながらアルバイトに明け暮れる日々を過ごしていたという。

下舘夏希

衣装は古着屋で安くて可愛いものを見つける

「路上ライブをして、オーディションを受けては落ちて。空いた時間はとにかくバイト三昧。コンビニ、居酒屋、弁当屋、コールセンター、キャンギャル、レストランのホール、ガールズバー……。ほぼ週7で常に掛け持ちでアルバイトしてました。そのときが人生で1番貧乏でしたね(笑)」

 それだけアルバイトをしても生活は苦しかった。路上ライブを見に来てくれる人が食べ物の差し入れをくれたときは良かったが、それがない場合は食費をおさえるために、豆腐にうまい棒の明太子味を割ってかけ、めんつゆをかけて食べたり、1週間で食パンだけしか食べられないなんてこともザラ。

下舘夏希

玄関の扉には、防音のためにスーパーでもらってきた卵のパックが貼られている

下舘夏希

窓には“プチプチ”を施すなど、さまざまな防音の工夫が垣間みられる

 毎日のように「何のために東京に来たのか……」と自問自答を繰り返した。そんなとき、彼女に大きな転機が訪れる。

貧乏生活がきっかけでテレビに出演


「深夜番組を見てたら、たまたま出演者を募集してたんで思い切って応募してみたんです。そこで、スタッフさんにこれまでの貧乏エピソードをいくつか話してたら『ダテシモちゃん、ボンビーガール出られるんじゃない?』ってアドバイスをもらったんです。それで、実際に応募したら本当に受かって自分でもびっくりしました」

 『幸せ! ボンビーガール』(日本テレビ)といえば、貧乏ながらも明るく生活する女性を特集している人気番組。彼女は大手事務所にこだわり、何百通も書類を送るも2次面接まで進めたのは片手ほど。このチャンスを逃すまいとテレビのオンエア時期に合わせ、現在所属している事務所に書類を送ったという。

「オンエアに合わせて、履歴書と音源を送りました。このチャンスは絶対逃したくなかったから。ボンビーガールがなければ、今の私はなかったかもしれない」

 こうして『ボンビーガール』に出演し、見事に大手事務所に所属するという目標が叶った。しばらくはタレントとしてバラエティ番組への出演が続く。そして、音楽とバラエティの二足のわらじとなった。

下舘夏希

大変そうな生活だが、それでも彼女は楽しそう

次のページ 
ようやくバイトが辞められた

1
2





おすすめ記事