エンタメ

玉置浩二、松重豊、塚本高史…あえて白髪を染めない男たち

 11月3日、プロ野球の日本シリーズ第6戦が広島のマツダスタジアムで開催された。本試合の始球式には、現在放送中のドラマ『下町ロケット』(TBS系)に出演する吉川晃司が登板したのだが、その姿があまりにカッコよすぎるとネット上は騒然となった。

 ビシッと着こなしたスーツ姿、ピンと足の伸びた投球フォームなど、どこを切り取ってもキマッているのだが、特に注目を集めたのが、近年の吉川のトレードマークともなっているグレーの髪だ。


 白髪は長らく老化の象徴として扱われ、隠されてきたが、ここ近年、吉川のようにあえて染めずに、年齢相応の自然体でいようという、いわば“アンチ・アンチエイジング”がブームとなりつつあるのだ。芸能界でもその動きは活発で、白髪を染めずにいる芸能人は年々増えてきている。そこで今回は、白髪を隠すことなく、むしろ味わいとしている漢(男性芸能人)たちを紹介していこう。

玉置浩二:1996年頃から白髪を活かしたヘアスタイル


 白髪がトレードマークの芸能人というと、ロックバンド「安全地帯」のボーカルとして知られる玉置浩二を思い浮かべる方も多いだろう。彼が白髪で表舞台に立つようになったのは1996年頃のことで、歌番組などでも白髪を気に入っていると発言している。

 もっとも玉置の場合、薄めの金髪にしてみたり、はたまた真っ白にしたりと、必ずしも自然な白髪のまま、というわけではないが、白髪だからこそのヘアスタイルを楽しんでいるようだ。

玉置浩二

素晴らしい歌声ももちろんだが、ワイルドな白髪という見た目も玉置の唯一無二の存在感を醸し出すのに一役買っている(画像は玉置浩二・安全地帯公式サイトより)

坂本龍一:きれいに整えられた白髪は、まさに「教授」


 同じくミュージシャンでいえば、テクノグループ「YMO」のメンバーであり、映画『戦場のメリークリスマス』の音楽を担当したことでも知られる坂本龍一も、長年白髪をトレードマークにしている。

 現在、彼の髪の毛は完全に真っ白になっているが、綺麗にセットされているためか、決してしょぼくれた印象はなく、むしろ長年積み重ねてきたインテリジェンスを感じさせる。その様相は、まさに“教授”といったところ。


陣内孝則:『ドクターX』で貫禄ありすぎる白髪姿を披露


 俳優の陣内孝則は、2017年に放送された人気医療ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』の第5シーズンに白髪で登場し、大きな話題となった。

 なんでも、彼も長らく白髪を染めた状態でメディアに出演していたらしい。陣内のまさかの白髪姿に視聴者は当初面食らったものの、白髪を蓄えた医者というのは貫禄があるうえ、なにより陣内本人が渋カッコいいと評判になったのだった。


松重豊:映画と違いバラエティなどにはロマンスグレーで出演


 ドラマ『孤独のグルメ』(テレビ東京系)シリーズで一躍大ブレイクした俳優の松重豊。ドラマや映画に出演する際は黒染めしていることが多いが、バラエティ番組などにはそのまま出演することが多いため、そのロマンスグレーを垣間見ることができる。

 また、今年の1月に放送されたドラマ『アンナチュラル』(TBS系)には白髪頭で出演。驚きの声もあがったものの、松重の“ナチュラル”な姿に、新たな魅力を発見した人も多かったようだ。


次のページ 
32歳のイケメン俳優、若白髪すらも自分の個性に

1
2





おすすめ記事