スポーツ

カズ、中村俊輔…J1に帰ってきた横浜FC“ベテランカルテット”に密着

 三浦知良(カズ)を追い続けて約40年。その一挙手一投足をファインダー越しに見つめてきた、写真家のヤナガワゴーッ!氏。’18年シーズンは横浜FCの全節のゲーム、’19年シーズンはホームゲームのすべてを撮影してきた。そんな氏が’20年シーズンをJ1で迎えるチームのキャンプに密着、期待感に溢れる選手の様子を撮影した。中村俊輔、松井大輔、南雄太等「レジェンド元日本代表」を抱え、俄然、注目度が上がるチーム・横浜FCをリポートする。 横浜FC

18歳の最若手から今期53歳の最年長まで一丸となりJ1を戦う

 昨季、J2を2位で終え、J1を自動昇格で決めた横浜FC。昨シーズン序盤は思うような成績を残せず、5月に監督を解任、ヘッドコーチを務めていた下平隆宏が監督に就くと、後半は18試合無敗を記録するなどV字回復を見せ、13年ぶりのJ1の舞台を摑んだ。  18歳の最若手から52歳の最年長までが一丸となった戦いだった。昇格を決めた’19年11月24日、本拠地である三ツ沢球技場に詰めかけたサポーターと多くのマスコミが歓喜したのは言うまでもない。後半残り3分、キング・カズがユニフォーム姿でピッチサイドに姿を現わすと、会場は興奮に包まれた。  それから約3か月。チームは1月15日からの和歌山県上富田町の1次キャンプを経て、2次キャンプの地宮崎県日南市にやってきた。  毎年キャンプに密着させてもらっているが、これほど観客の多い年も初めてだろう。横浜FCが日南市でキャンプを張るようになって10年目。同市で同時期にキャンプを張るプロ野球、とりわけカープに話題を奪われてきたが、今年は格別な雰囲気を醸し出す。 横浜FC
横浜FC

宮崎・日南には「レジェンド」たちをひと目見ようと、連日大勢のファンが詰めかけた。カズはそのたびに、一人も漏らすことなくサインをして颯爽とバスに乗り込んだ

 密着初日。午前9時半からの練習には平日ながら、老若男女が押し寄せる。カープの赤い帽子をかぶる中年男性も交じっている。話を聞くと「キャンプ中は休みをとって、毎年大好きなカズさんのサインもらっています!」と答える。  グラウンドではカズを先頭にランニングが始まった。 「カズさんが先頭を切って練習してくれるので、若手もそれについている」と下平監督は目を細めるが、そのカズは1月にグアムでの自主トレ中に発症した左臀部痛の影響があり、別メニューでの練習を行っていた。  集まるマスコミの数も桁違い、長年親交のある記者たちが集まり、まるで同窓会のよう。カズの一挙手一投足に注目していると、元選手が取材絡みで次々と押し寄せる。水沼貴史、福西崇史、播戸竜二ら錚々たる面子だ。昨シーズンに正式に引退した播戸に至っては、練習後のカズへのインタビューがあったが、緊張しているのか硬い。 「もっと突っ込んで聞いてきてよ!」と笑顔のカズは播戸に“愛ある指導”。選手生活35年目の超ベテランはマスコミに囲まれたとき、サービスすることも忘れない。  密着2日目にブローロフィジカルコーチからカズへチーム練習完全合流のサインが出た。ブラジル人のブローロコーチとはポルトガル語で会話しながら、トレーニングに励んでいる。練習のシメには通称「ドッグラン」。コーチの号令で、ピッチの縦方向100mあまりを何度もダッシュ。練習後親しい記者に囲まれるとカズは「全然スピード出てないね~」とは言っていたが、スムーズな手足の回転と芝を蹴る力強さは体調の良さの表れだ。息もまったく切れていない。こんな52歳がいるだろうか。
横浜FC

ブラジル、ノルウェー、オランダと多国籍な外国人選手たちとも積極的にコミュニケーションを取るカズ

 キャンプ終盤には35分×4本の練習試合が組まれた。2月1日のJFLテゲバジャーロ宮崎との練習試合にはピッチが見渡せるクラブハウスから見学。ジャージにティアドロップのサングラス姿で観戦する姿に歓声が上がる。  栃木SCとの4本制の練習試合が組まれた2月4日は、朝9時半出で、自主練習を志願。その他の選手が11時半頃グラウンドに集まったのを尻目に、コーチ相手にドリブル、そしてシュート練習。ベテランとて全体から遅れていると思えば早出の練習をする。気温10℃未満で肌寒いなか、黙々と体を動かす姿が印象的だった。  練習試合には最後の35分フル出場。ワントップに位置したが、なかなかボールが回ってこず、下がってボールをもらうシーンも。しかし、ペナルティエリア内に入れば、相手DFの裏をかく動きでキレの良さを見せ、右からの速いクロスにはヘディングで合わせ、あわやゴールという場面を演出。詰めかけた観客からはため息混じりの大歓声が上がった。
横浜FC

昨季、J2で2位となり、昇格に貢献したメンバーの大半が残る。さらに志知、一美、小林など若き戦力が加入した

 練習が終われば色紙を持った人々の列ができていた。選手の送迎バスが立ち往生してしまうくらいの人人人。その大勢のファン一人ひとりに率先してサイン、記念撮影に応じているのが最年長のカズ。若い選手たちも自然とそれに続くのがこのチームなのだ。  いざサッカーとなれば「キング」と呼ばれる偉大な姿はない。他の選手と同じように大広間で朝飯を食べ、同じようにマッサージを受け、練習後には大浴場に入り、夜9時には就寝する生活。露天風呂では若手選手の腹筋の割れに対抗心を燃やし撮影会をする。そこには誰よりも真摯にサッカーに、仲間に向き合う男の姿があった。
次のページ
カズの背中を俊輔と松井が。その背を南が仰ぎ、追いかける
1
2
3
週刊SPA!2/25号(2/18発売)

表紙の人/ 小室さやか

電子版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事