雑学

昨日、ゾンビにばったり会った…ブッとんだ設定から学ぶ英会話

 今、本屋さんに行くと英会話の本がこれでもかとばかりに並んでいる。来たるべき東京オリンピックに向けて、とにかく英語を覚えませんかということだろう。しかし実際に手にとってみると、面白そうなアプローチでも、けっこう英文のハードルが高かったり、トリッキー過ぎて使い道がなさそうだったり。どの本もちょっと読んでは“積ん読”の仲間入りしそうな本ばかり……。

ゾンビビジネス英会話

サラリーマンゾンビ・トムと妻のサマンサ

 そんななか異彩を放っているのが「サラリーマンゾンビトムと学ぶ ゾンビビジネス英会話」。舞台はゾンビが普通に人と共存している世界。そこで織りなすサラリーマンゾンビトムのポンコツな日常を見ながら英会話をマスターしちゃおうというものだ。そもそもゾンビには「やる気」がないので「難しい会話」をしようとしない。そのため、例文は非常に簡単。それで大丈夫? と思うかもしれないが実際の日常英会話でも、ほとんどは中学で学ぶレベルの基本動詞30を駆使すればなんとかなってしまうもの。

ゾンビの日常会話を英語で!?


 例文は、ゾンビになって、「動きが緩慢」「忘れっぽい」「身体が壊れる」「仕事に失敗する」など問題だらけのトムの日常。

 例えば、朝の一幕では「Have」の使い方を学ぶことに。会社に行くのが嫌なトムと、奥さんのサマンサの会話は……。

●トム/サラリーマンゾンビ。仕事をサボるために、命(?)をかけている。ゾンビ歴は約1年
●サマンサ/人間。トムの妻。トムがゾンビになったことを全く気にしていない

ゾンビビジネス英会話

例文はぶっ飛んでいても、短く、極力やさしい表現のものばかり。構文のルールや構造も説明されていてわかりやすい

サム:I have a terrible hangover. ひどい二日酔いだ。
⇒hangover 二日酔い

サム:I have a splitting headache. 割れるような頭痛がします。
⇒have a headache 頭痛がする

サマンサ:You have no choice but to do it. それでもやるしかないんだよ。
⇒have no choice but to~ ~する以外に選択肢がない 

サマンサ:I’ve had enough of having this conversation. この会話、うんざりなんだけど。
⇒have had enough ~はもううんざりだ
<have+過去分詞>の形。サマンサのセリフは「(過去から今までに)その会話をもう十分にしてきた」という意味。

サム:I’m off to work. 会社に行く。
⇒(be)off to~ ~に向かう

 なかなか会社に行かないトムにサマンサも厳しくしあたる。ゾンビは甘やかすとろくなことはないようだ。まあ、この辺はゾンビも人間もあまり変わらないのかもしれないが……。

次のページ 
英語を6年間学んできたはずなのに……

1
2
サラリーマンゾンビトムと学ぶ ゾンビビジネス英会話

中学で習った基礎動詞30で英語はなんとかなる!
ポンコツなサラリーマンゾンビ・トムの日常から優しいビジネス英語を学びましょう





おすすめ記事