雑学

スマホと連携する「ハイテクけん玉」、コマ、ヨーヨーも…進化する正月おもちゃたち

 お正月のおもちゃといえば、コマやけん玉にヨーヨー。そんな懐かしのアイテムに最新技術を搭載した「進化系玩具」が人気を集めている。

ハイテクヨーヨー

正月は童心に戻って遊びたい!

懐かしのおもちゃがいつの間にか進化していた


 古くから親しまれてきたこれらの玩具は、「スキルトイ」(遊ぶのに技術が必要な玩具)とも呼ばれ、学校教材や大道芸など、さまざまな場所で使われている。

 最近では、「ハンドスピナー」がスキルトイとして爆発的にヒットしたのも記憶に新しい。
 
「スキルトイはここ数年で目覚ましい進化を遂げています。」

 そう語るのは、ハンドスピナーブームの仕掛人、元ヨーヨー世界チャンピオンの長谷川貴彦氏。

 長谷川氏が経営するヨーヨー専門店「スピンギア」では、昔ながらのスキルトイから最新のスキルトイまで、さまざまなアイテムを取り揃えている。

 長谷川氏によれば、大会で通用する精度の高いスキルトイのニーズが高まっていることもあり、年々高精度な製品がリリースされているとか。

 そこで、長谷川氏に聞いたオススメのスキルトイを紹介していこう。

ヨーヨーマスターの長谷川貴彦氏

ヨーヨーマスターの長谷川貴彦氏

あの「コカコーラヨーヨー」が進化!


 ヨーヨーといえば「コカコーラヨーヨー」を思い出す人もいるのではないだろうか。

 オリンピックとのコラボレーションもあり、1976年、80年、84年の五輪イヤーに大ヒットし、第一次ヨーヨーブームの立役者となった製品だ。当時、子供たちの社交場だった駄菓子屋で購入することができたのも、ヒットを後押しした。

初代コカコーラヨーヨー

懐かしの、初代コカコーラヨーヨー

 このヨーヨーが現在でも販売されており、最新のモデルでは高度化したヨーヨートリックに対応できるよう、高性能なベアリングが内蔵されるなど、設計が近代化された。初心者から熟練者までオールマイティに遊ぶことが可能だ。

最新コカコーラヨーヨー

最新型のコカコーラヨーヨー。復刻版定価990円 


次のページ 
回転が5分以上持続する「ハイスペック投げコマ」

1
2





おすすめ記事